天神橋

天神橋

石川県金沢市を流れる浅野川に架る橋長48m、幅13mのアーチ橋が天神橋。昭和28年7月1日の浅野川の洪水で流出し、昭和30年に橋脚のない構造が採用され、架橋された鉄骨造タイドアーチ式無橋脚橋(ローゼ橋)。卯辰山(うたつやま)の稜線と調和する美しい橋で、卯辰山の玄関口にもなっています。国の登録有形文化財。

卯辰山散策の起点となるレトロなアーチ橋

天神橋

江戸時代初期にはすでに架橋されていたという歴史ある橋で、享保19年(1734年)の絵図にも、「壱文橋」として描かれていることから有料橋だったことがわかります。
橋の名は、卯辰山に祀られた卯辰山天満宮の参道という位置づけから。
卯辰山天満宮は、兼六園にあった竹沢御殿の天満宮を加賀藩14代藩主・前田慶寧が卯辰山開発(卯辰山養生所、撫育所などの医療福利厚生施設を建設)の鎮守として幕末の慶応3年(1866年)に遷したもの。
つまり、天神橋と呼ばれるようになったのは近代のこと。
夜間は浅野川大橋とともにライトアップされています。

天神橋から浅野川の西岸沿いに下流の中の橋に向かい、700mほど続くのが「鏡花のみち」です。
天神橋〜浅野川大橋の東岸にあるのが「ひがし茶屋街」です。

天神橋
天神橋
名称 天神橋/てんじんばし
所在地 石川県金沢市材木町・豊国町
関連HP 金沢市公式ホームページ
電車・バスで JR金沢駅から周遊バスで10分、橋場町下車、徒歩7分
ドライブで 北陸自動車道金沢東ICから約4.6km
駐車場 東山河畔観光駐車場(14台)・東山観光駐車場(15台)/有料
問い合わせ 金沢市文化財保護課 TEL:076-220-2469/FAX:076-224-5046
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鏡花のみち

鏡花のみち

古都・金沢の三大文豪(泉鏡花、徳田秋聲、室生犀星)のひとり、泉鏡花を偲ぶ浅野川の西岸沿いに設けられた散歩道が鏡花のみち。明治6年11月4日、金沢市下新町(現・尾張町)に生まれ、養成小学校(現・金沢市立馬場小学校)に通った泉鏡花は、久保市乙剣

浅野川大橋

金沢市街を流れる浅野川に架かる初代の橋は、犀川(さいがわ)と同様に1594年(文禄3)年、加賀藩・初代藩主、前田利家が北国街道に架橋したもの。現存するレトロな橋は、国道359号の橋ですが大正11年に造られたコンクリート製のアーチ型。犀川大橋

中の橋

浅野川大橋の下流側に架かる歩行者専用の木造の橋が中の橋。東山から主計町茶屋街(かずえまちちゃやがい)に通うには便利な橋です。藩政時代の末期に住民が有料の「一文橋」として架けたのが始まり。昭和28年の大水で流出しましたが昭和50年に再建されて

梅ノ橋

浅野川大橋の上流側に架かる木造風の歩行者専用橋が梅ノ橋。明治43年に架けられたのが初代の橋です。「廓の客の一人が言いだしてかけた、廓へのかよい橋である」と作家の井上雪が『廓のおんな』に書いているとおり、ひがし茶屋街へと歩くには最適な橋になっ

ひがし茶屋街

金沢にはひがし、にし、主計町(かずえまち)の3つの茶屋街があり、なかでももっとも格式の高い茶屋街がひがし茶屋街。1820(文政3)年に設置され、京・祇園に並ぶといわれた歴史と格式を誇る花街です。国の重要伝統的建造物群保存地区(金沢市東山ひが

宝泉寺

宝泉寺

石川県金沢市、金沢市街の東に位置する卯辰山(うたつやま)の中腹にあり、金沢の鬼門を封じるために開山された摩利支天を祀る寺が摩利支天山宝泉寺。建仁寺塔頭・禅居庵摩利支尊天堂、東京・上野アメ横の摩利支天徳大寺とともに日本三大摩利支天にも数えられ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ