『北アルプス国際芸術祭2017』仁科三湖エリアで見逃せないのはこの作品!

閉会まであと半月に迫った『北アルプス国際芸術祭2017-信濃大町 食とアートの廻廊-』。飯出敏夫が現地を取材し、仁科三湖エリアで見逃せない作品をチョイスしました。 
取材協力/北アルプス国際芸術祭実行委員会事務局

㉕ウォーターフィールド(存在と不在)

アルフレド&イザベル・アキリザン フィリピン/オーストラリア
北アルプス前衛の山々を背景に、木崎湖の湖面に遠目には満艦飾のボートが12艘、風と波に揺れる。
近寄ると、積み荷は枯れた樹木や廃棄された日用品の山。

環境破壊への警鐘と過疎化による荒廃を表現した作品という。

㉖アルプスの湖舟

杉原信幸(すぎはら のぶゆき) 日本
湖岸の雑木林の中に建つ木崎夏期大学の建物が会場。
190畳の広大な広間を一杯に使って、木崎湖畔で収穫された米と蚊帳を使って、湖面に映る倒立した北アルプスを造形した作品。

一見、お寺の講堂のような古風な建物も見ものだ。
鑑賞期間7月25日まで。

㉗雲結い(くもゆい)

五十嵐靖晃(いがらし やすあき) 日本
地元の人たちと協働で組紐を組んで創り上げた作品。

湖から天に向かって垂直に組み上げられた組紐は、人と人のつながり、北アルプスの水の循環、山岳文化の精神性を象徴する宗教観を感じさせる、神秘的な雰囲気を醸している。

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  仁科三湖エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  源流エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  市街地エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』見逃せないのはこの作品だ!!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』イベント・パフォーマンスに注目!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』東山エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』源流エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』ダムエリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』市街地エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

飯出敏夫

温泉紀行ライター。 約20年間を旅行書の取材・執筆・編集者として過ごし、 91年、温泉専門誌『温泉四季』(西北社) の創刊に参加。 同誌廃刊後、95年、温泉情報誌制作を中心とする温友社を設立。 10年からフリー。 現在は年間100日以上温泉取材を行う。 得意分野は秘湯系。 主な著書に、『一度は泊まってみたい秘湯の宿70』(成美堂出版)、 アサヒDVDブック『秘湯ロマン』(朝日新聞社)、『名湯・秘湯の山旅』(JTBパブリッシング)、 『旅の手帖mini 達人の秘湯宿』(交通新聞社) など。 TV「秘湯ロマン」監修ほか、TV出演も。 日本旅のペンクラブ理事、日本温泉地域学会会員、温泉達人会代表。

こちらもどうぞ