『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  市街地エリア篇

6月4日にスタートした長野県大町市を会場とした『北アルプス国際芸術祭』も終了の7月30日まで、あと半月を切った。作品は、市街地エリア・ダムエリア・源流エリア・仁科三湖エリア・東山エリアの5エリアに34作品と、期間・日時限定のイベント・パフォーマンス4作が展開。市街地エリアで、時間に余裕があれば、ぜひ鑑賞したい作品を紹介する。

市街地エリアで時間があれば、ぜひここへ!

 芸術祭のテーマは「水」「木」「土」「空」。北アルプス山麓の岳都「信濃大町」の豊かな自然を象徴するこのテーマに、ベテラン・新進気鋭の作家たちが挑む。

取材・撮影/飯出敏夫
取材協力/北アルプス国際芸術祭実行委員会事務局

②たゆたゆの家

原倫太郎(はら りんたろう)+原游(はら ゆう) 日本

④ちかく・とおく・ちかく

ニキータ・アレクセーエフ ロシア

⑦全ては美しく繋がり還る

淺井裕介(あさい ゆうすけ) 日本

⑧第1黒部ダム

栗林隆(くりばやし たかし) 日本


⑨みすずかるしなの

湊茉莉(みなと まり) 日本

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  仁科三湖エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  源流エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』見逃せないのはこの作品だ!!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』イベント・パフォーマンスに注目!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』東山エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』仁科三湖エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』源流エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』ダムエリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』市街地エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

飯出敏夫

温泉紀行ライター。 約20年間を旅行書の取材・執筆・編集者として過ごし、 91年、温泉専門誌『温泉四季』(西北社) の創刊に参加。 同誌廃刊後、95年、温泉情報誌制作を中心とする温友社を設立。 10年からフリー。 現在は年間100日以上温泉取材を行う。 得意分野は秘湯系。 主な著書に、『一度は泊まってみたい秘湯の宿70』(成美堂出版)、 アサヒDVDブック『秘湯ロマン』(朝日新聞社)、『名湯・秘湯の山旅』(JTBパブリッシング)、 『旅の手帖mini 達人の秘湯宿』(交通新聞社) など。 TV「秘湯ロマン」監修ほか、TV出演も。 日本旅のペンクラブ理事、日本温泉地域学会会員、温泉達人会代表。

こちらもどうぞ