『北アルプス国際芸術祭2017』イベント・パフォーマンスに注目!

「信濃大町 食とアートの廻廊」と謳ってはいるが、「食」についてはいまひとつ食い足りない印象を受ける。それは、配布される「信濃大町グルメガイド」に店名と料理写真、地図に店名と店番号が記されているだけで、早い話が食と店は勝手に自分で探して行ってください、という案内しかないからなのだが・・・。

㉟おこひるの記憶

YAMANBAガールズ 日本
その点、このイベント・パフォーマンスと銘打たれた会場は出色の存在。
地元のお母さんたちの郷土食豊かな料理「おこひる」(農作業の間に食べる軽食の意)と語り部による民話、さらに地元のお母さんたち(ヤマンバ・ガールズ!)との交歓の楽しみがある。

こうした会場を各エリアに設けていれば、看板倒れの印象もなかったにちがいない。
多くの人に訪ねていただきたいが、土日祝のみの予約制。
しかも会期中はほぼ満席で、キャンセル待ちしか期待できない、というのはなんとも残念。

DATA

会期中の毎週土・日曜、祝日13:00~、11:30~(繁忙期のみ) 
料金1500円
予約制(090-4461-3863鈴木さん)

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  仁科三湖エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  源流エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』 余裕があれば、この作品も!  市街地エリア篇

2017.07.18

『北アルプス国際芸術祭2017』見逃せないのはこの作品だ!!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』東山エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』仁科三湖エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』源流エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』ダムエリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

『北アルプス国際芸術祭2017』市街地エリアで見逃せないのはこの作品!

2017.07.13

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

飯出敏夫

温泉紀行ライター。 約20年間を旅行書の取材・執筆・編集者として過ごし、 91年、温泉専門誌『温泉四季』(西北社) の創刊に参加。 同誌廃刊後、95年、温泉情報誌制作を中心とする温友社を設立。 10年からフリー。 現在は年間100日以上温泉取材を行う。 得意分野は秘湯系。 主な著書に、『一度は泊まってみたい秘湯の宿70』(成美堂出版)、 アサヒDVDブック『秘湯ロマン』(朝日新聞社)、『名湯・秘湯の山旅』(JTBパブリッシング)、 『旅の手帖mini 達人の秘湯宿』(交通新聞社) など。 TV「秘湯ロマン」監修ほか、TV出演も。 日本旅のペンクラブ理事、日本温泉地域学会会員、温泉達人会代表。

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ