純愛の聖地庵治・観光交流館

純愛の聖地庵治・観光交流館

香川県高松市庵治町、平成16年公開の映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(監督:行定勲/主題歌:平井堅『瞳をとじて』)のロケセット「雨平写真館」を復元した観光案内施設で、庵治漁港の庵治文化館をリニューアルしたのが、純愛の聖地庵治・観光交流館。観光の拠点で、カフェ、土産コーナーも併設。

ロケセット「雨平写真館」を復元

ロケセット「雨平写真館」は石臼コーヒーなどが味わえるカフェ 「寫眞館の珈琲」に変身。
庵治町の石工製品などが販売されるおみやげ館も併設。

展示棟は、農協の米蔵を再生したもので、写真館と、展示棟(蔵)に囲まれた中庭も整備されています。

純愛の聖地庵治・観光交流館
名称 純愛の聖地庵治・観光交流館/じゅんあいのせいちあじ・かんこうこうりゅうかん
所在地 香川県高松市庵治町5916-21
関連HP 純愛の聖地庵治・観光交流館公式ホームページ
電車・バスで JR高松駅からことでん国際ホテル・庵治行きで46分、庵治農協前下車、すぐ
ドライブで 高松自動車道高松中央ICから約14km
駐車場 あり/無料
問い合わせ 純愛の聖地庵治・観光交流館 TEL:087-871-1700
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
桜八幡神社

桜八幡神社

香川県高松市庵治町、古くは櫻之宮と称し、木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと=大山津見神の娘)を祀っていましたが、承和7年(840年)に武神である八幡神(八幡大菩薩)を合祀したという庵治の氏神。映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(監督:行

皇子神社

皇子神社

香川県高松市庵治町、地元庵治町で「権現さん」(王子権現)と呼ばれる神社で、桜八幡神社の境外摂社が、皇子神社。江戸時代の庵治は瀬戸内海舟運の拠点でもあり、元和6年(1620年)、海上安全の守護として再興された社です。現在の祭神は宇治稚郎子命(

庵治漁港・王の下沖防波堤

庵治漁港・王の下沖防波堤

香川県高松市庵治町(あじちょう)、対岸に屋島を望む庵治漁港。漁港としては大正3年に船の係留が始まり、昭和27年に漁港の指定を受けています。その風光明媚さもあって王の下沖防波堤は、映画『世界の中心で、愛をさけぶ』(監督:行定勲/主題歌:平井堅

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

よく読まれている記事

こちらもどうぞ