江の島・稚児ヶ淵

江の島・稚児ヶ淵

江戸時代には江の島詣で賑わった江の島西端、江の島岩屋周辺にある岩棚の海岸にある淵が稚児ヶ淵(ちごがふち)。建長寺広徳院の自久(自休)和尚に見初められた相承院(鶴岡八幡宮の僧坊・鶴岡二十五坊のひとつ、頓覚坊)の稚児・白菊が身を投げたことが名の由来で、富士を眺める絶景の地ゆえに「かながわの景勝50選」にも選定。

稚児が身を投げたという悲しい伝説の淵

稚児ヶ淵にある海蝕洞が、当時、弁財天が鎮座した江の島岩屋で、自久(自休)和尚は、江の島弁財天に百日詣を行なっている際に、稚児・白菊を見初めます。
この物語は、万治2年(1659年)の中川喜雲『鎌倉物語』に記されているので、江戸時代初期にはすでに伝承していたことになります。
後に鶴屋南北が脚色して歌舞伎『桜姫東文章』(さくらひめあずまぶんしょう)となり、文化14年(1817年)に河原崎座で初上演。
江の島詣の隆盛と相まって、稚児ヶ淵は有名な景勝地になったのです。

岩棚自体は関東大震災に隆起したもので、江戸時代の浮世絵に描かれた風景とは少し異なりますが、現在でも往時と変わらず絶好の磯釣りポイントになっています。

片瀬海岸とを結ぶ「べんてん丸」の発着所もあるので帰路は海上交通を利用する手も(ちなみに稚児・白菊も岩屋まで渡船を利用しています)。

江の島・稚児ヶ淵
江の島空撮。写真の右端が稚児ヶ淵
名称 江の島・稚児ヶ淵/えのしま・ちごがふち
所在地 神奈川県藤沢市江の島2-5-2
関連HP 藤沢市観光公式ホームページ
電車・バスで 小田急線片瀬江ノ島駅から徒歩27分
ドライブで 横浜横須賀道路朝比奈ICから約14km
駐車場 江の島なぎさ駐車場(232台/有料)
問い合わせ 片瀬江の島観光案内所 TEL:0466-23-4141
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
江島神社

江島神社

江戸時代には箱根権現(現・箱根神社)に詣でる箱根詣、丹沢大山の石尊権現に参詣の大山詣(現・大山寺、大山阿夫利神社)と並んで参詣者の多かったのが江の島の「裸弁財天」を拝む江島詣。その江島詣を今に伝える古社が、江の島島内に鎮座する江島神社で、辺

江の島岩屋

江の島岩屋

神奈川県藤沢市にある江戸時代には江の島詣(江島詣)で賑わった江の島。その江の島の最奥、稚児ヶ淵(ちごがふち)から海上に造られたコンクリート製の桟道を進んだ先にあるのが、江の島岩屋。役(えん)の行者が開き、空海(弘法大師)や日蓮上人も参籠した

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ