足摺海底館「海中展望塔」

海中公園に指定された竜串海岸にある足摺海底館「海中展望塔」。全国に6つある海中展望塔のひとつで、らせん階段を下りるとそこは水深7mの海中世界。直径60cmの大きな海中窓からは、テーブルサンゴやシコロサンゴなどが生育し、その中をソラスズメダイ、チョウチョウウオなどの熱帯魚が泳ぐ姿を観察できます。

竜串海中公園にある海中の観察施設

昭和44年完成の白浜海中展望塔(和歌山県)を皮切りにした、昭和40年代の海中展望塔ブームを背景に、昭和46年12月竣工した足摺海底館「海中展望塔」。
竜串海岸には、黒潮に育まれた多くの造礁サンゴや魚たちが生息。
直径60cm、厚さ45mmの強化ガラスを2枚重ねた展望窓が計16個、海中に向かって開いており、ここから海の中を見学。

入口には透明度を示す表示があり、それを参考にして入館する仕組み。
海が荒れていても透明度があれば、波に揉まれる魚を観察できます。
波のない日でも、かなりの潮流に驚かされるでしょう。

足摺海底館「海中展望塔」 DATA

名称 足摺海底館「海中展望塔」/あしずりかいていかん「かいちゅうてんぼうとう」
所在地 高知県土佐清水市三崎4124-1
関連HP http://www.a-sea.net/
電車・バスで 土佐くろしお鉄道(TKT)宿毛駅から高知西南交通バスで、49分、海底館前下車
ドライブで 高知自動車道四万十中央ICから約81km
駐車場 200台/無料
問い合わせ TEL:0880-85-0201/FAX:0880-85-0202
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ