桂浜・海津見神社(竜王宮)

月の名所として知られる高知県高知市の桂浜。海津見神社(竜王宮)は桂浜の南端、竜王岬(下竜頭岬)の岩場突端に鎮座する小さな社。大海津見神(おおわたつみのかみ)を祀り、漁師の妻が、夫の航海安全と大漁祈願する社です。その昔、夫が漁に出ると、妻たちは誘い合い、竜王宮の前で酒を酌み交わしたといわれています。

桂浜の南端、竜王岬(下竜頭岬)に建つ社

旧暦の3月15日が例祭で、昭和12年3月の『竜王宮祭』には野口雨情も出席しています。
行楽シーズンの晴れた日などには若宮八幡宮の神職が出向し、海津見神社(竜王宮)のおみくじや御神札、御守りを授与してくれます。

竜王岬には竜王岬展望台があり、桂浜の西浜を一望にします。

名称 桂浜・海津見神社(竜王宮)/かつらはま・わたつみじんじゃ(りゅうおうきゅう)
所在地 高知県高知市浦戸
電車・バスで JR高知駅からとさでん交通で道で5分はりまや橋駅下車、はりまや橋南バス停から高知県交通バス桂浜行きで30分、終点下車、徒歩10分
ドライブで 高知自動車道高知ICから約13.5km
駐車場 高知市桂浜駐車場(500台/有料)
問い合わせ 高知市観光振興課 TEL:088-823-9457/FAX:088-823-9415
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

桂浜

高知県民謡の『よさこい節』に「月の名所は桂浜」と歌われた桂浜。龍頭岬(上龍頭岬)と龍王岬(下龍頭岬)の間に弓形にのびる白砂青松の美しい浜です。明治の文豪、大町桂月(おおまちけいげつ/本名:大町芳衛)は、高知の生まれで、その雅号の桂浜月下漁郎

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ