護浄院(清荒神)

護浄院(清荒神)

京都市上京区にある天台宗の寺、護浄院。正式名は護浄院ですが、京の七口のひとつ、荒神口の名の起こりとなった清荒神(きよしこうじん)で有名。本堂前に鳥居があるのは、神仏習合時代の名残りです。江戸時代以降、歴代天皇に国家安寧・五穀豊穣の御札を献上する習わしがあり、地元では火の守護神として家庭のカマドの上に祀られてきました。

 「京都七福神」の福禄寿を安置

護浄院(清荒神)

宝亀2年(771年)、摂津国勝尾山(現・大阪府箕面市)に創建という古刹で、明徳元年(1390年)、後小松天皇の勅命で乗厳(じょうげん)律師が、京の醒ヶ井通高辻(下京区/現在の観音寺の場所=観音寺は清荒神の神宮寺)に勧請。
慶長5年(1600年)、後陽成天皇(ごようぜいてんのう)により皇居守護のため現在地に遷されています。
護浄院の名は、御所の浄域を護ることから元禄7年(1694年)、東山天皇が命名。

本尊は仏法僧の三宝を守護し、不浄を厭離(おんり)する仏神の清三宝大荒神(きよしさんぽうだいこうじん)で、火と竈の神として尊崇されています。
明治の廃仏毀釈で、公家の邸内に祀られていた仏像の多くは、この護浄院に安置されています。

尊天堂内に安置される福禄寿(ふくろくじゅ)はもとは、京都御所にあったもの。
明治維新に際し護浄院に遷された。
大正11年創設の「京都七福神」、昭和54年に新たに定められた「京の七福神めぐり」の福禄寿にもなっています(最古の七福神めぐりは、「都七福神」です)。

名称 護浄院(清荒神)/ごじょういん(きよしこうじん)
所在地 京都市上京区荒神口通寺町東入ル荒神町122
関連HP 京都市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 京阪神宮丸太町駅から徒歩9分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:075-231-3683
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
無垢の井

無垢の井

京都市上京区にある天台宗延暦寺派の寺・護浄院(ごじょういん)、通称・清荒神(きよしこうじん)の境内の湧水が無垢の井(むくのい)。手水舎に湧き出るその水は、あまり知られていませんが京の三名水の一つに挙げられている梨木神社の「染井の水」と同じ水

鴨川・荒神の飛び石

鴨川・荒神の飛び石

京都を流れる鴨川に5ヶ所、支流の高野川に1ヶ所ある飛び石橋のひとつで、上流に位置するのが荒神の飛び石。地元の人は橋を使わずにこの飛び石を利用する人も多く、生活道路となっています。亀の形をした石がもっとも多く配されていて愛らしい飛び石となって

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ