染井の水

染井の水

京都市上京区、梨木神社(なしのきじんじゃ)境内に湧く水で「県井」(あがたい)、「醒ヶ井」(さめがい)と並び京都の三名水の一つに数えられるのが染井の水。三名水のうちで、現在飲用できるのはこの染井の水だけ。この井戸は、かつて文徳天皇の皇后である明子の方の里御所の跡にあり、宮中の染殿の水として使われていた水です。

京都の三名水の一つが梨木神社境内に

染井の水

甘くまろやかな味で茶の湯にも向いているとのこと。
手水舎としても使われる名水です。

神社のある京都御苑北東部は、平安時代初期の公卿で、藤原北家全盛の礎を築いた藤原良房(ふじわらのよしふさ)の屋敷があった場所。
染井と呼ばれるのは、藤原良房の屋敷を染殿第(そめどのだい)と称していたため(京都迎賓館の裏側に「染殿井」跡もあります)、あるいは宮中御用の染所の水として用いられたため(諸説あり定かでありません)。

平成17年公開の映画『二人日和』(『天使は自転車に乗って』/監督:野村恵一、主演:藤村志保・栗塚旭)のロケ地にもなっています。

名称 染井の水/そめいのみず
所在地 京都府京都市上京区染殿町680
関連HP 梨木神社公式ホームページ
電車・バスで 京阪出町柳駅から徒歩14分
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 梨木神社 TEL:075-211-0885/FAX:075-257-2624
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
梨木神社

梨木神社

京都市上京区にある幕末から明治維新に活躍した三条実万(三條實萬/さんじょうさねつむ)と三条実美(三條實美/さんじょうさねとみ)を祀る神社が梨木神社(なしのきじんじゃ)。三條家邸跡に隣接する地に明治18年に創建。聡明な三条実万は、菅原道真の生

無垢の井

無垢の井

京都市上京区にある天台宗延暦寺派の寺・護浄院(ごじょういん)、通称・清荒神(きよしこうじん)の境内の湧水が無垢の井(むくのい)。手水舎に湧き出るその水は、あまり知られていませんが京の三名水の一つに挙げられている梨木神社の「染井の水」と同じ水

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ