鞍馬寺・奥の院魔王殿

鞍馬寺・奥の院魔王殿

京都府京都市左京区の鞍馬山にある毘沙門天王、千手観世音菩薩、護法魔王尊(ごほうまおうそん)を祀る鞍馬寺(くらまでら)。鞍馬寺の中心的な霊域となるのが、奥の院魔王殿。鞍馬寺の解説では、魔王尊が650万年前に地球救済のために、金星から降り立ったと伝えられる場所です。

魔王尊が650万年前に金星からこの地に降り立った

磐座(いわくら)という呼び名があるのも古来から修験者が宇宙からのエネルギーを感じ取ったからに違いありません。
実際、取材班の持つGPSの感度もここだけは抜群に良かったという場所が奥の院魔王殿なのです。

本殿金堂から歩いて30分で奥の院魔王殿。
魔王殿から貴船へは徒歩25分で大半が下りの山道で、ハイキングに絶好です。

ちなみに魔王尊の持ち物が降魔扇(いわゆる天狗のうちわ)。
一切の魔障をうち破るというパワフルなもので、鞍馬寺授与品のミニ降魔扇(護法魔王尊と牛若丸が描かれています)で邪気払いも可能です。

鞍馬寺に祀られる三尊は、地球3つの「氣」(エネルギー)を表し、三身を一体として鞍馬寺では「尊天」と称しています。

月輪の精霊ー愛=千手観世音菩薩
太陽の精霊ー光=毘沙門天王
大地の霊王ー力=護法魔王尊

奥の院魔王殿まで歩けば、雄大な鞍馬山の地質、植物、気候が生み出した「尊天」信仰に触れることができるでしょう。

鞍馬寺・奥の院魔王殿
名称 鞍馬寺・奥の院魔王殿/くらまでら・おくのいんまおうでん
所在地 京都府京都市左京区鞍馬本町
関連HP 鞍馬寺公式ホームページ
電車・バスで 鞍馬山ケーブル多宝塔駅から徒歩50分
ドライブで 名神高速道路京都南ICから約20kmで鞍馬ケーブル鞍馬山門駅
駐車場 仁王門周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 鞍馬寺 TEL:075-741-2003
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
鞍馬寺

鞍馬寺

京都府京都市左京区の北東部、鞍馬山(標高584m)の山上に建つ鞍馬弘教総本山が鞍馬寺(くらまでら)。寺に伝わる『鞍馬蓋寺縁起』(あんばがいじえんぎ)によれば、宝亀元年(770年)に渡来僧・鑑真(がんじん)の弟子、鑑禎(がんてい)が草庵を結び

大杉権現社・大杉苑瞑想道場

大杉権現社・大杉苑瞑想道場

京都府京都市左京区の霊山、鞍馬山(くらまやま)。鞍馬山奥の院参道を山中へ進む途中にあるのが大杉苑瞑想道場(おおすぎえんめいそうどうじょう)。鞍馬寺から奥の院魔王殿を目指し、地表に露出した木の根が不思議なアラベスク模様をした木の根道を歩き、そ

僧正ガ谷(不動堂・義経堂)

僧正ガ谷(不動堂・義経堂)

京都府京都市左京区の鞍馬山山中にある鞍馬寺。鞍馬寺・本殿金堂から奥の院魔王殿を目指して歩き、木の根道を歩き、大杉権現社を越え、奥深い鞍馬山山中に入り込んだ場所にあるのが僧正ガ谷で、不動堂、義経堂という2つの堂が建っています。一帯は僧正ガ谷と

由岐神社

由岐神社

京都府京都市左京区の鞍馬山にある、京の鬼門鎮護の鞍馬寺(くらまでら)。清少納言が「近うて遠きもの」の例にあげた九十九折参道途中にある由岐神社は、天慶3年(940年)、天慶の乱(てんぎょうのらん)が勃発した際、朱雀天皇の勅により、御所に祀られ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ