椿大神社

椿大神社

三重県鈴鹿市山本町、鈴鹿山脈の前衛峰、入道ヶ岳(905.6m)を背に鎮座するのが伊勢国一之宮の椿大神社(つばきおおかみやしろ)。全国2500社におよぶ天孫降臨を啓行(みちひらき)した猿田彦大神(さるたひこのおおかみ)を祀る神社の総本社で、別名を猿田彦大本宮とも。開運招福の社として有名です。

伊勢国一之宮は、「みちびきの祖神さま」

社伝では、垂仁天皇20年に入道ヶ岳から霊魂(猿田彦大神の御神霊)を奉祭したと伝えられ、入道ヶ岳には奥の宮磐座(おくのみやいわくら)があり(太古の祭祀跡)、境内には瓊々杵尊(ににぎのみこと)の乗った御船が到着したと伝承される「御船磐座」(みふねのいわくら)が残されています。
参道途中には前方後円墳(「高山土公神陵」)があり、猿田彦大神の墳墓だと伝えられています。

猿田彦大神が瓊々杵尊降臨の際、先導したという神話から、交通安全の神として知られ、中京・関西地区では車のお祓いなどでも有名です。

深閑とした広い境内には、幽厳なたたずまいの本殿・拝殿のほか、行満大明神(ぎょうまんだいみょうじん=役行者を導いたという修験道の神)や寿老神(鈴鹿七福神)を祀る行満堂神霊殿、聖武天皇の勅願により奉納された獅子頭が由来で、車輌清め祓いを行なう獅子堂、平安後期の作と伝わる地蔵尊を祀る椿延命地蔵尊がなどもあり、神仏習合だった中世、近世の歴史を伝えています。
椿大神社の神宮寺(別当)だった徳王寺は、明治初年の神仏分離、廃仏毀釈で廃寺となり、本尊・薬師如来は法雲寺(鈴鹿市大久保町)に遷されています。

別宮の椿岸神社(つばききしじんじゃ=鈿女本宮)は、猿田彦大神の妻神・天之鈿女命(あめのうずめのみこと)を主神として祀り、芸道の祖神、夫婦円満、縁結びの神として崇敬され、神前挙式も行なわれています。
芸能人の参拝も多く、縁結びでも名高いので、ぜひ合わせて参拝を。

松下電器の創業者・松下幸之助氏が寄進した茶室「鈴松庵」と庭園もあり、茶室は流派を問わず広く一般にも公開されています。

境内にある別宮・椿岸神社は、猿田彦大神の妻神、天鈿女命を主神とし、芸能上達にご利益が大とか。

「椿会館」の1階では、椿名物「とりめし」、伊勢うどんなどを味わうことが可能なほか(予約で個室での食事も可能=お宮参り、七五三詣後のお食事会などに利用できます)、ロビーに古文書、史料を展示しているので、お立ち寄りを。
「椿会館」には宿泊も可能です。

ちなみに、伊勢国の国府があった場所は、鈴鹿市広瀬町 ・ 西冨田町にまたがる長者屋敷遺跡(奈良時代中期の政庁・官衙群を発掘)で、伊勢国分寺の跡も鈴鹿市国分町から発掘されています(伊勢国分尼寺の遺構は見つかっていません)。
総社は不詳ですが、三宅神社(鈴鹿市国府町)と推測され、一之宮が椿大神社、二之宮が多度大社です。

椿大神社
名称 椿大神社/つばきおおかみやしろ
所在地 三重県鈴鹿市山本町1871
関連HP 椿大神社公式ホームページ
電車・バスで 近鉄名古屋本線四日市駅から三重交通バス椿大神社行きで48分、椿大神社下車
ドライブで 東名阪自動車道鈴鹿ICから約5km
駐車場 1400台/無料
問い合わせ 椿大神社 TEL:059-371-1515/FAX:059-371-1668
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
伊勢国府跡(長者屋敷遺跡)

伊勢国府跡(長者屋敷遺跡)

現在の三重県の伊賀地方、志摩地方を除く大部分が伊勢国(いせのくに)。現在の県庁所在地にあたる国府があったのが鈴鹿市。鈴鹿川中流北側の河岸段丘上にある長者屋敷遺跡と呼ばれる場所からは、古代の瓦などが大量に出土し、発掘調査から政庁跡や官衙(かん

伊勢国分寺跡

伊勢国分寺跡

天平13年(741年)、聖武天皇の詔(みことのり)で、諸国に建設された国分寺(国分僧寺=正式名は金光明四天王護国之寺)のうち、伊勢国(現在の三重県)に築かれた国分寺の跡が伊勢国分寺跡。三重県鈴鹿市国分町の鈴鹿川左岸の段丘台地上にあり、古代に

多度大社

多度大社

三重県桑名市多度町、木曽三川の河口部を見渡す多度山(402.8m)の麓に鎮座する伊勢国二之宮が多度大社。正式名は多度神社ですが、一般には多度大社で通っている北勢随一の大社です。社伝では、雄略天皇の御代の創建と伝える古社で、神社の背後の多度山

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ