石薬師寺

石薬師寺

寺伝によれば、神亀3年(726年)、加賀・白山の開山で有名な泰澄(たいちょう=奈良時代の修験道の僧)が草庵を築いたのが始まりという古刹が、三重県鈴鹿市の石薬師寺。弘仁3年(812年)空海(弘法大師)が、巨石に薬師如来を刻んだとされますが、あくまで伝承の域を出ません。

広重の『東海道五十三次』にも描かれた東海道・石薬師宿の名刹

嵯峨天皇(在位809年〜823年)により勅願寺となり、中世には繁栄しますが、天正年間(1573年〜1592年)に兵火で焼失し、寛永6年(1629年)、伊勢神戸藩主・一柳直盛(ひとつやなぎなおもり)が再建しています。
往時には高富山西福寺瑠璃光院と称していますが、五街道の整備された江戸時代になって、元和2年(1616年)、東海道五十三次の44番目の宿場、石薬師宿にちなんで石薬師寺となりました。
本堂には本尊・薬師如来(秘仏=毎年12月20日のおすす取りに合わせて御開帳)、紀州徳川家寄進の脇侍日光菩薩、月光菩薩などが安置されています。

江戸時代には参勤交代途中の諸大名がこの石薬師寺に祈願しています。
石薬師寺薬師堂は、寛永6年(1629年)の築で三重県の有形文化財に指定。

東海道五拾三次 石薬師・石薬師寺

歌川広重『東海道五拾三次 石薬師・石薬師寺』

石薬師寺 DATA

名称 石薬師寺/いしやくしじ
所在地 三重県鈴鹿市石薬師町1番地
関連HP 石薬師寺公式ホームページ
電車・バスで JR関西線加佐登駅から徒歩30分。または、タクシーで5分
ドライブで 東名阪自動車道鈴鹿ICから約8.5km
駐車場 20台/無料
問い合わせ TEL:059-374-0394
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

石薬師の蒲桜

2018.03.24
石薬師の蒲桜と相互リンクをお願いします

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ