松島湾観光船(丸文松島汽船)

松島湾観光船(丸文松島汽船)

宮城県塩釜市に本社を構え、松島湾観光船を運航するのが丸文松島汽船。塩釜港(マリンゲート塩釜)〜松島の「芭蕉コース」、松島海岸レストハウス前の中央観光桟橋を起点とする「松島湾周遊 政宗コース」、「奥松島・大高森コース」(不定期)、そして塩釜港を起点とした松島湾周遊の遊覧船を運航しています。

最上階の1等船室なら眺望抜群

松島湾観光船(丸文松島汽船)
第二芭蕉丸

「第二芭蕉丸」(86トン)、「第三芭蕉丸」(129トン)、「あおば」(227トン)という大型船には1階の2等船室のほか、2階のグリーン室、3階の1等船室も用意。
少しフンパツして3階の1等船室を確保すれば、眺めは最高です。
「第三芭蕉丸」は調理室を備え、冬季には「かき鍋クルーズ」で活躍。
「あすか」(99トン)は、1階の2等船室、2階のグリーン室のほか、3階部分はオープンデッキになっていて、冬は「かき鍋クルーズ」で活躍。

このほか、バリアフリー船舶の「はやぶさ」、「はやぶさⅡ」、「しらたか」などが就航。
船内売店も営業しています。
予約で乗船すれば、観瀾亭、円通院、松島蒲鉾本舗、松島さかな市場など提携施設・店舗で各種特典が受けられるクーポン券がもらえる仕組み。

ドライブの場合に、観光シーズンは松島での駐車場探しが難しくなるため、マリンゲート塩釜の駐車場に車を入れ、塩釜港(マリンゲート塩釜)〜松島の「芭蕉コース」を利用するのも手。
実は松尾芭蕉も『奥の細道』途中、元禄2年5月9日(1689年6月25日)、鹽竈神社などを参拝後、正午頃には船に乗って松島・雄島の磯へと渡っています(「船をかりて松島にわたる。其間二里余、雄島の磯につく」)
現在、塩釜と松島を結ぶ「芭蕉コース」は、丸文松島汽船のみが運航しています。

松島湾観光船(丸文松島汽船)
松島湾観光船(丸文松島汽船)
名称 松島湾観光船(丸文松島汽船)/まつしまわんかんこうせん(まるぶんまつしまきせん)
所在地 宮城県塩釜市港町1-4-1
関連HP 松島湾観光船(丸文松島汽船)公式ホームページ
電車・バスで JR本塩釜駅から徒歩15分
ドライブで 三陸自動車道仙台港北ICから約5.9km。または、利府塩釜ICから約4.6km
駐車場 マリンゲート塩釜駐車場(110台/有料、乗船当日は割引サービスあり、要問合せ)
問い合わせ 松島湾観光船(丸文松島汽船)塩釜本社 TEL:022-365-3611
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
マリンゲート塩釜

マリンゲート塩釜

宮城県塩竈市、塩釜港にある旅客ターミナルがマリンゲート塩釜。日本三景「松島」への海の玄関口として、松島観光遊覧船(塩釜~松島=芭蕉ライン/丸文松島汽船)や浦戸諸島への塩竈市営汽船が発着する塩竈市の海の玄関口です。松尾芭蕉も『奥の細道』で塩釜

松島観光船乗船場・中央観光桟橋

松島観光船乗船場・中央観光桟橋

宮城県宮城郡松島町、松島湾の島巡り観光船が発着するのが松島観光船乗船場・中央観光桟橋。目印となるのは松島海岸レストハウスでこの窓口で受付し、海側に伸びる中央観光桟橋で乗船します。丸文松島汽船、松島島巡り観光船企業組合、ニュー松島観光船の3社

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ