浄専寺

浄専寺の枝垂桜

宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町(ごかせちょう)にある江戸初期の元和年間(1615年~1624年)に創建されたという浄土真宗本願寺派の寺、浄専寺。さほど大きな寺ではありませんが、江戸時代、祇園から苗木を持ち帰ったという枝垂桜(宮崎県天然記念物:浄専寺のシダレザクラ)の美しい寺として有名。

三重塔を背景に、枝垂桜が美しく咲く

浄専寺の枝垂桜

何本かある枝垂桜のなかで、境内中央の築山にそびえるものは9代目住職が本山(西本願寺)参詣の際、京・祇園から苗木を持ち帰り移植したといい、宮崎県の天然記念物(「三ケ所のシダレザクラ」)に指定されるイトザクラの老樹。
推定樹齢250年〜300年、樹高15m、幹周3mと大きな枝垂桜です。
花の見頃は例年3月下旬~4月上旬頃で(地元観光協会が開花情報を流しています)、三重塔を背景にして眺めるとより趣ある風景に。

浄専寺
名称 浄専寺/じょうせんじ
所在地 宮崎県西臼杵郡五ケ瀬町三ケ所8701
関連HP ごかせ観光協会公式ホームページ
電車・バスで 高千穂バスセンターからタクシーで5分
ドライブで 九州中央自動車道山都中島西ICから約40km
駐車場 5台/無料
問い合わせ 浄専寺 TEL:0982-82-0209
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ