奈良町資料館

奈良町資料館

奈良県奈良市西新屋町、元興寺の門前町として栄え、かつての奈良町の面影を今に伝える西新屋町にある私設の資料館が奈良町資料館。昭和60年にオープンした資料館の館内では、奈良町に伝わる元興寺ゆかりの仏像や各種民具、懐かしい昔の看板など数千点を収集展示しています。

「身代わり申(さる)」のお守りも販売

奈良町資料館が建つのは宝徳3年(1451年)に焼失した元興寺の本堂があったあたり。
館内にはかつてこの地にあり、宝徳3年(1451年)の土一揆で焼失した諾楽(なら=奈良)左京の服部堂を再建し、福徳の女神、吉祥天女(きっしょうてんにょ)を祀った吉祥堂もあり良縁、子宝に恵まれるパワースポットとして参詣者が後を絶ちません。
また、奈良町で盛んな庚申信仰(こうしんしんこう)を背景に、奈良町の軒先にぶら下げる「庚申さん」で有名な「身代わり申(さる)」のお守りも販売。
庚申信仰の本尊・青面金剛(しょうめんこんごう=中国の道教思想に由来する庚申講の本尊)の使いの猿をかたどったお守りで、災厄を代わりに引き受けてくれるありがたい品です。

「庚申さん」などの庶民信仰を含め、訪れる人に「奈良的らしさ」を伝えたいというのが、南哲郎館長の考えです。

奈良町資料館
名称 奈良町資料館/ならまちしりょうかん
所在地 奈良県奈良市西新屋町12
関連HP 奈良町資料館公式ホームページ
電車・バスで 近鉄奈良駅から徒歩15分
ドライブで 京奈和自動車道木津ICから約8km
駐車場 なし/ならまちセンター駐車場(374台/有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 奈良町資料館 TEL:0742-22-5509/FAX:0742-27-5166
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奈良市ならまち格子の家

奈良市ならまち格子の家

奈良県奈良市元興寺町にある奈良町の伝統的な町家を細部まで再現した施設。間口が狭く奥行きが深い建物で、みせの間、中の間、奥の間、中庭、離れ、蔵、渡り廊下でつながった風呂場、箱階段(階段状の家具)で上がった2階などが見学できます。奈良町の伝統的

徳融寺

徳融寺

奈良県奈良市、ならまち地域にある融通念仏宗の寺、徳融寺。奈良時代の貴族、藤原豊成(ふじわらのとよなり=中将姫の父)の邸跡と伝えられる地に建つ寺で、『当麻曼荼羅』(たいままんだら)で知られる中将姫と藤原豊成の宝篋印石塔(ほうきょういんせきとう

今西家書院

今西家書院

奈良県奈良市、ならまち地域にある国の重要文化財に指定される建造物が今西家書院。室町時代の典型的な書院造りの様式を伝える文化財で、興福寺大乗院の坊官である福智院家の住まいだったもの。大正13年に造り酒屋の今西家の所有となり、現存しています。美

奈良町の町並み

奈良町の町並み

奈良県奈良市、奈良町は中世以降発展し、近世に完成した歴史的な家並みが奈良町の町並み。和銅3年(710年)に遷都した平城京が造営されたおり、都の東に南都七大寺のひとつ元興寺(がんごうじ)の境内地として造られたのが奈良町の始まり。江戸時代の庚申

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ