徳融寺

徳融寺

奈良県奈良市、ならまち地域にある融通念仏宗の寺、徳融寺。奈良時代の貴族、藤原豊成(ふじわらのとよなり=中将姫の父)の邸跡と伝えられる地に建つ寺で、『当麻曼荼羅』(たいままんだら)で知られる中将姫と藤原豊成の宝篋印石塔(ほうきょういんせきとう)も残されています。

中将姫の父、藤原豊成の邸跡とも伝わる寺

中将姫が9歳のとき、継母・照夜ノ前から雪の日に松に縛られて折檻されたという雪責めの松のものと伝わる切り株も昭和29年まで残されていました(ただし、文楽・歌舞伎の演目として知られる『中将姫雪責』ですが、後世の創作とも推測されます)。
昔は、歌舞伎『中将姫雪責』が公演の際には、役者や関係者がここを詣でる習わしがあったほど。

徳融寺自体は南都七大寺のひとつ元興寺の塔頭(たっちゅう)で、天文13年(1544年)、興善法印の建立、天正18年(1590年)に現在地に移転。
本尊の木造阿弥陀如来立像は、北条政子の念持仏と伝わっています。

奈良町には中将姫ゆかりの寺は徳融寺、誕生寺、高林寺と3ヶ寺ありますが、この徳融寺がもっとも大きな寺。
宝篋印石塔も高林寺に伝わっていたもので、延宝5年(1677年)に徳融寺に移築されています。

徳融寺
名称 徳融寺/とくゆうじ
所在地 奈良県奈良市鳴川町25
関連HP 奈良市観光協会公式ホームページ
電車・バスで 近鉄奈良駅から徒歩20分
ドライブで 京奈和自動車道木津ICから約7km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 徳融寺 TEL:0742-22-3881
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奈良町資料館

奈良町資料館

奈良県奈良市西新屋町、元興寺の門前町として栄え、かつての奈良町の面影を今に伝える西新屋町にある私設の資料館が奈良町資料館。昭和60年にオープンした資料館の館内では、奈良町に伝わる元興寺ゆかりの仏像や各種民具、懐かしい昔の看板など数千点を収集

奈良市ならまち格子の家

奈良市ならまち格子の家

奈良県奈良市元興寺町にある奈良町の伝統的な町家を細部まで再現した施設。間口が狭く奥行きが深い建物で、みせの間、中の間、奥の間、中庭、離れ、蔵、渡り廊下でつながった風呂場、箱階段(階段状の家具)で上がった2階などが見学できます。奈良町の伝統的

今西家書院

今西家書院

奈良県奈良市、ならまち地域にある国の重要文化財に指定される建造物が今西家書院。室町時代の典型的な書院造りの様式を伝える文化財で、興福寺大乗院の坊官である福智院家の住まいだったもの。大正13年に造り酒屋の今西家の所有となり、現存しています。美

奈良町の町並み

奈良町の町並み

奈良県奈良市、奈良町は中世以降発展し、近世に完成した歴史的な家並みが奈良町の町並み。和銅3年(710年)に遷都した平城京が造営されたおり、都の東に南都七大寺のひとつ元興寺(がんごうじ)の境内地として造られたのが奈良町の始まり。江戸時代の庚申

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ