重要文化財若林家住宅

重要文化財若林家住宅

村上大祭に欠かせない山車(だし)、「おしゃぎり」を展示する、村上市郷土資料館(おしゃぎり会館)に隣接するのが重要文化財若林家住宅。1800年前後に建てられたと推定される江戸時代の武家屋敷で、若林家の当時の禄高は150石ほどと、中級武士の家柄。豪農の館などに比べ質素な造りで、質実剛健の武家社会を垣間見ることができます。

物頭(ものがしら)役の若林家の武家屋敷

部屋割が細かく土間が狭いのが武家屋敷の特長。
寄棟造りの曲家(まがりや)には、居間や座敷、次の間などが残り、苔むした庭には梅やツツジが咲き誇ります。
「鶴の松」、「亀の松」と通称される松を配した庭園も見学できます。

若林家はもともと甲斐武田氏の遺臣で、延宝2年(1674年)、田中城を居城とする内藤弌信(ないとうかずのぶ)に召抱えられ、享保5年(1720年)に村上藩主となったことで、村上に移り住んだと推測されています。

重要文化財若林家住宅 DATA

名称 重要文化財若林家住宅/じいようぶんかざいわかばやしけじゅうたく
所在地 新潟県村上市三之町7-13
関連HP おしゃぎり会館公式ホームページ
電車・バスで JR羽越本線村上駅からタクシーで7分
ドライブで 日本海東北自動車道村上瀬波温泉ICから約2.6km
駐車場 おしゃぎり会館駐車場(24台/無料)を利用
問い合わせ TEL:0254-52-7840
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ