第52回錦川水の祭典|岩国市|2019

錦川水の祭典

2019年8月3日(土)9:00〜21:30、山口県岩国市の錦帯橋周辺で『第52回錦川水の祭典』が開催されます。錦川の豊かな恵みに感謝する祭。水恩感謝祭(錦川水神社)に始まり、岩国太鼓(吉香公園)、ミス岩国発表会(岩国国際観光ホテル)などが行なわれ、20:00〜は錦帯橋下河原で花火大会が予定されています。

夜には『錦川水の祭典花火大会』も

夜には10万人以上の観客を集める花火大会が開催され、錦帯橋を背景に6000発の花火が夜空を彩ります。
水恩感謝祭の執り行なわれる錦川水神社は、錦川の水恩に対する感謝と岩国の発展のために、昭和49年建立された神社です。

会場周辺は交通規制が行われるため、渋滞が予想されます。
公共交通機関の利用がおすすめです。

第52回錦川水の祭典|岩国市|2019
開催日時 荒天または河川増水の場合は、花火大会を8月31日(土)に延期
所在地 山口県岩国市岩国1・横山2
場所 錦帯橋
関連HP 岩国市公式観光Webサイト
電車・バスで JR岩国駅から市営バス錦帯橋・新岩国方面行きで20分、錦帯橋バスセンター下車
ドライブで 山陽自動車道岩国ICから約4km
駐車場 錦見河川敷グランド臨時駐車場(有料)を利用、下河原駐車場は利用不可
問い合わせ 岩国市観光振興課 TEL:0827-29-5116/FAX:0827-22-2866
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
吉香公園

吉香公園

山口県岩国市、錦川の右岸(上流から見て)、城山山麓に広がる吉香公園 (きっこうこうえん)。かつての岩国藩主の居館跡で、明治になってから公園として一般公開されたもの。武家屋敷の遺構のほか、岩国徴古館、吉川史料館、岩国城ロープウエー山麓駅などが

錦帯橋

錦帯橋(きんたいきょう)は、1673(延宝元)年、3代岩国藩主・吉川広嘉(きっかわひろよし)の命により築かれた5連アーチ型の木橋。杭州の西湖にある「錦帯橋」をモデルに架けられたという。猿橋(山梨県大月市)、祖谷のかずら橋(三好市)と並び日本

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ