島原湧水群・しまばら水屋敷

島原湧水群・しまばら水屋敷

長崎県島原市万町、中央街アーケードにあるのが島原湧水群・しまばら水屋敷。明治5年に島原の豪商・中山要衛門が建てた屋敷を平成7年に茶房として再生したもの。擬洋風建築の2階部分は明治30年頃の増築。庭にある池から1日4000tという膨大な湧水が湧き出すため、水屋敷の名が付いています。

明治建築の豪商の屋敷でひと休み

庭園は築山風で、鯉が泳ぐ湧水池があり、水量1日4000トンにもなる清らかな水がこんこんと湧き出しています。
水温は15度で一定で、往時には湧き出した水は、万町の水路に流れて、各家に引き込まれ、生活用水として活用されていました。
島原名物のスイーツ「かんざらし」は、手作りの白玉が美味。
高橋謙作製麺の製品を使った手延べそうめん、湧水で立てるコーヒーも味わえます。
コーヒーもコーヒー伝来の地・長崎で栽培・焙煎された豆を使った「寿古珈琲」を使用。

中山家は、寛政4年4月1日(1792年5月21日)に起こった雲仙・普賢岳の噴火に伴う眉山崩壊(「島原大変肥後迷惑」)の際には、伊勢参りに出かけて不在で難を逃れ、災害後の荒地で裸一貫から豪商へと復興しています。
天保7年(1836年)の飢饉の際に、藩へ寄付しなかったことから「けちんぼ」などの誹りを受けましたが、天保8年(1837年)には内海新田の干拓工事に年寄りや女、子供に至るまで人夫として雇い、普通より高い賃金を支払っています。
つまりは「一時的な施しには限界があり、長期的に仕事をして、生きるということのほうが大事」と行動で示したのです。

日本興業銀行会長、経済同友会代表幹事の中山素平(なかやまそへい)は後裔で、中学時代までこの家で暮らしたのだとか。

島原湧水群には眉山崩壊(「島原大変肥後迷惑」)以前からある溶岩泉(溶岩などの透水層が重なり、その間を通って流れ出る水)と、眉山崩壊時の地殻変動で、水の通り道が塞がれたり、地割れが生じたことで湧出する水の2タイプがありますが、しまばら水屋敷は典型的な溶岩泉です。

島原湧水群は島原半島世界ジオパークのジオサイト(自然の恵み)にもなっています。

島原湧水群・しまばら水屋敷
名称 島原湧水群・しまばら水屋敷/しまばらゆうすいぐん・しまばらみずやしき
所在地 長崎県島原市万町513中央街アーケード
関連HP しまばら水屋敷公式ホームページ
電車・バスで 島原鉄道島原駅から徒歩8分
ドライブで 長崎自動車道諫早ICから約42km
駐車場 なし/万町商店街駐車場(有料)など周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ しまばら水屋敷 TEL:0957-62-8555/FAX:0957-62-8555
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
島原湧水群・湧水庭園四明荘

島原湧水群・湧水庭園四明荘

長崎県島原市の中心街(鯉の泳ぐまち)に位置する島原湧水群を利用した伊東氏の庭園が湧水庭園四明荘。四方の眺望に優れることから、大正9年築の数寄屋風の主屋は「四明荘」と称されています。1日3000tもの湧水が大小3つの池に湧き出し、「四明荘」か

島原湧水群・白土湖

島原湧水群・白土湖

長崎県島原市の市街地にある小さな湖が白土湖。寛政4年4月1日(1792年5月21日)に起こった雲仙・普賢岳の噴火に伴う眉山崩壊(「島原大変肥後迷惑」)で、寺の墓地だった一帯が陥没し、大量の地下水が湧出して湖が誕生したもの。「日本最小の陥没湖

島原湧水群・速魚川(猪原金物店)

島原湧水群・速魚川(猪原金物店)

長崎県島原市上の町、明治10年創業の猪原金物店(いのはらかなものてん)。国の登録有形文化財に指定の建物は、万延2年(1861年)の築。「茶房&ギャラリー速魚川」も併設され、広い駐車場とともに島原の立ち寄りスポットとなっていますが、店頭の水汲

島原湧水群・水頭の井戸

島原湧水群・水頭の井戸

長崎県島原市中堀町、島原市街の中心、水頭通り(みずがしらどおり)に昭和16年に地元住民の掘った共同井戸が島原湧水群・水頭の井戸。昭和63年に長崎県「新活力のあるまちづくり推進事業」で井戸の周囲にポケットパークが整備されています。亀水神に年の

島原湧水群・浜の川湧水(浜ン川洗い場)

島原湧水群・浜の川湧水(浜ン川洗い場)

長崎県島原市の島原船津の住宅地にある1日400tの湧水が湧く泉が島原湧水群・浜の川湧水(浜ン川洗い場)。流れる順に飲料用・食材洗い、食器すすぎ、食器洗い、洗濯と4つに区切られた洗い場があり、昔からのしきたりが守られています。今も現役で、地元

鯉の泳ぐまち

鯉の泳ぐまち

長崎県島原市は、古くから「水の都」と呼ばれ、雲仙山系からの伏流水が市内随所に湧出し、「島原湧水群」として環境省の「名水百選」にも選定されています。市内でも新町一帯は、とくに湧き水が豊富で、1日1万tが湧出。市民が鯉を放流し「鯉が泳ぐまち」と

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ