ベンガラ館

吹屋ベンガラ館

岡山県高梁市成羽町吹屋にあるベンガラ(紅殻)をテーマにしたミュージアムがベンガラ館。九谷焼や伊万里焼など、陶磁器の絵付けなどに使われる赤色の顔料が、ベンガラ。瓦や木材の防腐剤としても用いられ、吹屋では赤銅色の石州瓦とベンガラ色の外観で統一された赤い町並みが印象的です。

明治時代のベンガラ工場を復元

ベンガラ(紅殻)は、吹屋銅山の硫化鉄鉱(酸化第二鉄)から不純物を取り除いた結晶の緑著(ローハ)を原料にした無機赤色顔料。
吹屋銅山の捨石から偶然発見された天然弁柄がルーツで、銅鉱採掘時に銅鉱脈の近くで産出するので「銅近」とも呼ばれていました。
高級なベンガラ(紅殻)、陶磁器の模様書き、塗椀の下塗りなどにも使われ、重宝されたのです。

国内随一の品質といわれた吹屋ベンガラの生産は江戸時代中期、宝永4年(1707年)に始まり(弥生時代後期から古墳時代初頭、尾張国の土器の彩色など、古代から使われていました)、その後昭和40年代まで続き、吹屋銅山のとともに、この地域の貴重な産業となっていました(現在市販流通するベンガラは合成された工業用ベンガラ)。

このベンガラ館は、明治時代のベンガラ(紅殻)工場を資料館として復元したもの。
ベンガラの歴史や製造工程などがよくわかります。

ベンガラ館は、日本遺産「『ジャパンレッド』発祥の地~弁柄と銅の町・備中吹屋~」の構成資産になっています。

ベンガラ館
名称 ベンガラ館/べんがらかん
所在地 岡山県高梁市成羽町吹屋86
関連HP 高梁市吹屋観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR備中高梁駅から備北バス吹屋行きで1時間、終点下車、徒歩2分。または、JR備中高梁駅からタクシーで40分
ドライブで 岡山自動車道賀陽ICから約34km
駐車場 60台/無料
問い合わせ ベンガラ館 TEL:0866-29-2136
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
高梁市吹屋伝統的建造物群保存地区(吹屋ふるさと村)

高梁市吹屋伝統的建造物群保存地区(吹屋ふるさと村)

1000年以上の歴史をもつ吹屋銅山とベンガラ(紅殻、弁柄)の産地、岡山県高梁市吹屋地区。幕末から明治にかけての町並みは、石州瓦に塗込造り、ベンガラ格子の商家群が、500mにわたって続き、国の伝統的建造物群保存地区(高梁市吹屋伝統的建造物群保

西江邸

西江邸

岡山県高梁市にある、銅山経営とベンガラ(紅殻)で財をなした豪農商・西江家の豪邸(備中天領大庄屋)が西江邸。江戸期には代官御用所を兼ねていた西江邸は、現在でも18代目となる西江家の個人邸宅ですが、その一部が一般公開されています。豪壮な大庄屋住

広兼邸

広兼邸

岡山県高梁市成羽町の北部に位置する吹屋(ふきや)は、江戸から大正末期まで、銅と赤色の顔料として知られるベンガラ(紅殻)で繁栄した町。中野地区にある広兼家も銅山とベンガラの原料・緑礬(ローハ=鉄鉱石を焼いて生成)の製造で富を築いた豪商。映画『

吹屋銅山笹畝坑道

吹屋銅山 笹畝坑道

岡山県高梁市成羽町、吹屋銅山の観光用の坑道が笹畝坑道(ささうねこうどう)。大同2年(807年)の発見と伝えられる吹屋銅山。銅山は昭和47年に閉山していますが、江戸から大正時代まで採掘され、おもに黄銅鉱などを産出した笹畝坑道を復元整備したもの

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ