伊古桟橋

伊古桟橋

沖縄県竹富町、島のかたちがハート型ということから「ハートアイランド」とも呼ばれる黒島の北岸、伊古集落にある桟橋が伊古桟橋。昭和10年に築かれた全長354m、幅4.25mの琉球石灰岩の石積み、そしてコンクリートを併用した桟橋で、同じ竹富町の竹富島西桟橋と同様に、国の登録有形文化財に指定されています。

黒島北岸、サンゴ礁に伸びる桟橋

伊古桟橋
黒島空撮 PhotoMap

「牛の島」と通称されるほど酪農が盛んな黒島ですが、桟橋のある伊古集落は、もともと漁業で繁栄した集落。
遠浅のサンゴ礁で囲まれた漁港のない黒島で、漁業用の桟橋として築かれたもの。
現在の桟橋が完成する以前は木の桟橋でしたが、台風の被害で流出するので、永久桟橋が築かれました。
先端部分には4本の係船柱と荷置き場、荷揚げ場があるのは、漁業用だったため(現在、漁業には使われていません)。

日本国内最大のサンゴ礁海域である石西礁湖(せきせいしょうこ)に囲まれるため、全長354mという長大な桟橋が設けられています。
それでも干潮時には、先端部まで干潟となってしまいます。

伊古集落から桟橋に抜ける道は両側が森のため、森を抜けるとサンゴ礁海域に伸びる桟橋という絶景が!

なお、黒島での島内移動はレンタサイクルがラクチンで、通常は宿泊先で借りることができます。

伊古桟橋
干潮時には先端部まで干潟が出現!
名称 伊古桟橋/いこさんばし
所在地 沖縄県八重山郡竹富町黒島地先
関連HP 竹富町観光協会公式ホームページ
問い合わせ 竹富町観光協会 TEL:0980-82-5445/FAX:0980-82-5472
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
竹富島西桟橋

竹富島西桟橋

竹富島(沖縄県竹富町)の西岸にある石積みの桟橋が竹富島西桟橋。昭和13年築造の竹富島最初の近代的な桟橋。延長105m、幅4.4mの桟橋で、石灰岩を積んだ上に、両側面をコンクリートで補強しています。農耕地が少ない竹富島では、西表島(いりおもて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ