大船山(大船山のミヤマキリシマ群落)

大船山(大船山のミヤマキリシマ群落)

大分県竹田市、くじゅう連山の一座で、標高1786.3mという九州屈指の高峰が大船山(たいせんざん)。西山麓には中間湿原の坊ガツルがあり、西側の山腹は天然記念物に指定される大船山のミヤマキリシマ群落で、例年6月初旬~中旬が見頃。踏みつけなどに弱いので、自然保護と火災防止に留意が必要。

山頂にある御池は火口湖で、九州最初の紅葉の地

ミヤマキリシマはツツジの一種で、くじゅう山のほか、阿蘇山、雲仙岳、霧島山の火山荒原に群落を形成しています。
なかでも大船山、平治岳一帯のミヤマキリシマは実に見事で、見頃の時期には山全体がピンクに染まるほど。

山頂直下の御池(おいけ)、巨大な段原、米窪は二重火口の跡で、御池は火口に水が溜まったもの。
とくに米窪は、くじゅう連山では最後の噴火を起こした火口だと推測されています。
大船山では1700年ほど前に大爆発が起きており、大船山頂も典型的な溶岩ドームです(大船山自体はトロイデやコニーデの集合体)。

御池周辺は池の冷気もあって、九州で一番早い紅葉が見られる地としても知られ、年によって変化がありますが、例年10月上旬〜中旬には色づきます。
ドウダンツツジが真紅になるのが、地元カメラマンたちの目的。

やまなみハイウエイの長者原から徒歩2時間の坊ガツルから登るのが一般的ですが、岡藩・中川家の墓所(入山公廟)からのアプローチも可能(池窪まで予約制のバスが運行)。
またミヤマキリシマの開花期には平治岳から大船山への縦走も人気があります。

大船山(大船山のミヤマキリシマ群落)
名称 大船山(大船山のミヤマキリシマ群落)/たいせんざん(たいせんざんのみやまきりしまぐんらく)
所在地 大分県竹田市久住町有氏
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
中岳(くじゅう連山)

中岳(くじゅう連山)

大分県竹田市、くじゅう連山の最高点が中岳。標高は1791mで、主峰の久住山(1786.5m)よりもわずかに高く、九州本土の最高峰にもなっています(九州全体では屋久島の宮之浦岳)。深田久弥の『日本百名山』では、九重山として選定されています。中

久住山

久住山

大分県竹田市、九州本土の最高峰1791mの中岳や1786.5mの久住山など、1700m級の10峰が連なる火山群がくじゅう連山。深田久弥の『日本百名山』には九重山として選定されていますが、その主峰で、一等三角点が置かれるのが久住山。南登山口コ

法華院温泉山荘

法華院温泉山荘

大分県竹田市久住町、くじゅう連山の山中、標高1230mの山岳地域に形成された中間湿原・坊ガツルの南西に位置し、くじゅう連山の拠点として名高い山小屋が法華院温泉山荘。九州最高所にある温泉として知られ、源泉温度は43.2度、気温の低い期間のみ加

坊ガツル

坊ガツル

大分県竹田市、くじゅう連山の最高峰・中岳、三俣山、ミヤマキリシマ群落の大船山などに囲まれ、標高1230mの山岳地域に形成された中間湿原が坊ガツル(坊がつる)。国内最大級の面積を誇るタデ原湿原とともに、「くじゅう坊ガツル・タデ原湿原」として、

平治岳

平治岳

大分県竹田市、標高1791mの中岳、主峰の久住山など1700m級の山並みが続く火山群がくじゅう連山。国の天然記念物に指定されるミヤマキリシマの群落が美しい標高1643.0mの平治岳(ひいじだけ)は、5月下旬から6月中旬の開花期ともなると、登

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ