大杵社の大杉

大杵社の大杉

大分県由布市湯布院町、JR久大本線・由布院駅の南1kmほどのところにある、九州屈指の大きさを誇る杉が、大杵社の大杉(おおごしゃのおおすぎ)。大杵社は、宇奈岐日女神社(六所宮)の末社で、拝殿左にそびえる大杉は、御神木にもなっています。

国の天然記念物に指定される杉の巨木

大杵社の大杉

大杵社の大杉は、樹高38m、幹周り(胸高周囲)10.9m、根回り13.3mもある杉の巨木で、樹齢は推定1000年以上ともいわれています。
幹の裏側には畳3畳ほどの大きな空洞があり(現在は神像が安置)、焚き火の火で明治30年の大晦日から2年もの間燃え続けたにもかかわらず、緑が茂り再生したという逸話も残されています。
樹木保存のため、根元に立ち入ることはできません。

大杵社の大杉
名称 大杵社の大杉/おおごしゃのおおすぎ
所在地 大分県由布市湯布院町川南746-19
関連HP 由布院温泉観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR由布院駅から徒歩25分、または、タクシーで5分
ドライブで 大分自動車道湯布院ICから約6km
駐車場 2台/無料
問い合わせ 由布市商工観光課 TEL:097-582-1111
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ