旧佐伯海軍航空隊掩体壕

旧佐伯海軍航空隊掩体壕

掩体壕(えんたいごう)とは航空機を敵の攻撃から守るための格納庫。大分県佐伯市の海岸部に残される旧佐伯海軍航空隊掩体壕は、昭和9年2月15日に発足した大日本帝国海軍・佐伯海軍航空隊の戦争遺跡。コンクリート製かまぼこ型の掩体壕は2基現存し、うち1基は国の登録有形文化財に指定されています。

旧海軍のコンクリート製格納庫が現存

佐伯湾は水深が浅く、真珠湾と状況が似ていたため、昭和16年11月、佐伯湾で連合艦隊の最後の統一訓練が行なわれています。
掩体壕は、その後、米軍の本土空襲が激しくなった昭和20年頃に築かれたもの。
興人佐伯工場の敷地内にあるため、見学に際しては申し込みが必要。

大分県には宇佐市に宇佐海軍航空隊の城井1号掩体壕も現存しています。
呉軍港(広島県呉市)にあった呉鎮守府・連合艦隊艦船の豊後水道通行防護のため、豊予要塞が築かれ、佐伯と宇佐に航空隊も配備されて海空の防備を図ったのです。

名称 旧佐伯海軍航空隊掩体壕/きゅうさいきかいぐんこうくうたいえんたいごう
所在地 大分県佐伯市東浜1-6 興人株式会社佐伯工場内
関連HP 佐伯市観光協会公式ホームページ
電車・バスで JR佐伯駅から徒歩20分
ドライブで 東九州自動車道佐伯ICから約7km
問い合わせ 佐伯市観光案内所 TEL:0972-23-3400
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
城井一号掩体壕

海軍航空隊掩体壕群(城井一号掩体壕史跡公園)

掩体壕(えんたいごう)とは、軍用機を敵の空襲から守るためのコンクリート製格納庫。 大分県宇佐市城井地区に現存する城井一号掩体壕は、宇佐海軍航空隊の戦争遺跡。宇佐海軍航空隊は、昭和14年10月に編成された実用機の訓練部隊でしたが、太

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ