白水の滝

白水の滝

阿蘇外輪山から流れ出る大野川の源流にあたる、大分県竹田市の陽目渓谷(ひなためけいこく)上流に位置する名瀑が白水の滝(しらみずのたき)。名の由来は、岩場から幾筋もの筋となって流れ落ちる姿が白糸を思わせるとも、99本の滝筋があり、100に1つ足りなかったので、百から一の横棒を抜いて白水の滝としたとの説もあります。

江戸時代には「陽目瀑」として知られていた

白水の滝

『豊後国志』にも「陽目瀑」と記され、かつては岡藩主中川氏による滝見の茶屋(現在は陽目の里キャンピングパーク・名水茶屋として整備)も設けられていました。
四季折々に彩りを変える木々と、壮大な滝との美しい景観は、多くの文人や画家にも愛されてきたのです。
なかでも冬は、黒々とした巨岩と緑のコケのコントラストが美しく、白糸のように流れ落ちる滝をさらに引き立てます。
また渓流続きの5km下流には、藩政時代から珍重された「陽目のり」が自生、周辺はヤマメの釣り場としても知られる自然の宝庫。

地質的には、阿蘇火砕流堆積物の溶結凝灰岩のギャップに懸かっり、2段で上段が落差20m、85m下流の下段が17mほど。
白水井路(明治35年完成)、荻柏原井路(大正15年完成)の水源にもなっています。

名勝地として国の登録記念物に指定。
なお、大野川の下流、竹田市大字次倉には重要文化財の白水ダムがあります。

名称 白水の滝/しらみずのたき
所在地 大分県竹田市荻町陽目
関連HP 竹田市観光ツーリズム協会公式ホームページ
電車・バスで JR豊後荻町駅からタクシーで20分
ドライブで 大分自動車道大分光吉ICから約62.3km
駐車場 陽目の里名水茶屋駐車場(100台/無料)
問い合わせ 陽目の里 名水茶屋 TEL:0974-68-2210/FAX:0974-68-2210
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
白水ダム(白水溜池堰堤)

白水ダム(白水溜池堰堤)

昭和13年、周辺の丘陵地への農業用水を確保するため、熊本県境にもほど近い大野川上流の大谷川に築かれた、灌漑施設が白水ダム(白水溜池堰堤)。堤長約87m、堤高は約14m、貯水量60万トンと、正式にはダムではなく、その名称は「白水溜池堰堤水利施

黄牛の滝

黄牛の滝

大分県竹田市、稲葉川沿いの山里にある、落差20mほどの滝が黄牛の滝(あめうしのたき)。地元でも訪れる人が少なく、「幻の滝」とも呼ばれていたとか。国土地理院の2万5000分の1地形図にも滝マークはありません。周辺は峡谷が続き、駐車場にはトイレ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ