四浦展望台

四浦展望台

大分県津久見市四浦、四浦半島(ようらはんとう)の北側を通る、大分県道611号(四浦日代線)沿いにある展望地が、四浦展望台。標高は130mほどだが、刀自ヶ浦港(とじがうらこう)を眼下に、西には観音崎へと続く半島が、そして晴れれば遠く無垢島や四国の佐田岬まで眺望できる展望台です。

四浦半島随一の展望台から、遠く四国まで眺望

四浦展望台

四浦展望台(ようらてんぼうだい)からは、よく見ると半島先端に保戸島も姿を見せています。
北側は観音崎、楠鼻、佐賀関半島と、3重に重なった半島が、津久見湾と臼杵湾越しに高島と無垢島が確認できます。

四浦半島は、その名の通り、半島北岸の落野浦、久保泊浦、鳩浦、深良津浦という4つの浦があることが名の由来で(『豊後国志』には、落野浦、鳩浦と南岸の蒲戸浦、福泊浦の4浦と記述)、昭和26年までは四浦村でしたが、津久見町、日代村、保戸島村と合併し、津久見市になっています。
まさにリアス式海岸の半島らしい名です。
断崖を形成するのは、硬質で風化・侵食に耐えるチャート層の場所。
泥質岩は侵食されやすく入江となっています。
海岸から100mの断崖、入り組んだ海岸線は、養殖漁業にも最適で、ヒラメ、アワビなどの養殖が行なわれています。

また四浦展望台のある半島北岸は入り組んだリアス式海岸ですが、南岸は東西に直線的な海岸なのは、地質の違いから。

四浦展望台
四浦展望台
名称 四浦展望台/ようらてんぼうだい
所在地 大分県津久見市四浦
関連HP 津久見市観光協会公式ホームページ
ドライブで 東九州自動車道津久見ICから約15km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 津久見市観光協会 TEL:0972-82-9521 /FAX:0972-82-7106
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
間元海峡(間元漁港)

間元海峡(間元漁港)

大分県津久見市四浦、四浦半島(ようらはんとう)の北側を通る、大分県道611号(四浦日代線)は、間元(まもと)地区で終点。間元漁港先端の浜に立つと、間元海峡越しに目と鼻の先に、保土島を眺めることができます。岬突端から島まではわずかに150mほ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ