秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)

秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)

埼玉県秩父市、大正時代から秩父でで繁栄した秩父銘仙問屋の建物を再生したのが秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)。秩父ふるさと館の建物は、「柿原商店」の木造2階建て店舗兼主屋、3棟の蔵など、大正から昭和初期に建てられたもの。建築当初のまま修復され国の登録有形文化財にもなっています。

秩父銘仙の繁栄を今に伝える商家

秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)

秩父銘仙(ちちぶめいせん)は、埼玉県では江戸木目込人形、春日部桐箪笥、岩槻人形とともに国の伝統的工芸品にも指定される秩父の織物。
養蚕の盛んだった秩父で、規格外の繭(まゆ)を使い「秩父太織」(ちちぶふとおり)と呼ばれる野良着を生産したところ、評判となり、その後、品質堅牢さから「鬼秩父」、「鬼太織」と呼ばれてお洒落を楽しむ普段着の絹織物となったのです。
明治時代から「めいせん」(銘撰)と呼ばれ始め、明治41年に坂本宗太郎が「ほぐし捺染」(ほぐしなせん)を確立し、「秩父銘仙」という名で全国に広まりました。

秩父銘仙最盛期の昭和初期には、500軒〜600軒ほどの機元(はたもと)が年間約240万反を織り、養蚕業を含めると秩父の住民の7割が織物関連に携わっていたといわれています。
秩父往還沿いに建つ旧柿原商店店舗は、まさにそんな繁栄の象徴する貴重な建物。

『秩父夜祭』が日本三大曳山まつりに数えられ、豪華な屋台があるのも江戸時代以降の養蚕業、織物業の繁栄があってのこと。

町のシンボルでもある秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)ですが、現在は、地域の物産展示・購入、郷土料理を味わうことのできる手打ちそば屋、着物の着付けも体験できる施設になっています。

秩父往還に沿って北側には、明治12年築の商人宿を再生した「ほっとすぽっと秩父館」、文化7年(1810年)頃の築という「武甲酒造 柳田総本店」もあり、南側には「秩父豚肉味噌漬本舗せかい」もあるので、町並みの散策を。

秩父銘仙に関しては、昭和5年築の旧埼玉県繊維工業試験場秩父支場を再生した「ちちぶ銘仙館」で詳しく解説されています。

秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)
名称 秩父ふるさと館(旧柿原商店店舗)/ちちぶふるさとかん(きゅうかきはらしょうてんてんぽ)
所在地 埼玉県秩父市本町3-1
関連HP 秩父市公式ホームページ
電車・バスで 西武秩父線西武秩父駅から徒歩20分。または秩父鉄道秩父駅から徒歩15分
ドライブで 関越自動車道花園ICから約25km
駐車場 17台/無料
問い合わせ 秩父ふるさと館 TEL:0494-23-7300
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
秩父まつり会館

秩父まつり会館

埼玉県秩父市、秩父神社の境内にある秩父まつり会館は、「日本三大曳山まつり」に数えられ、ユネスコ無形文化遺産に登録される『秩父夜祭』(毎年12月2日〜12月3日)の展示館。屋台ばやしの流れる中、豪華な屋台や笠鉾を間近に見ることができ、『秩父夜

武甲酒造 柳田総本店

武甲酒造 柳田総本店

埼玉県秩父市、秩父の銘酒『武甲正宗』の醸造元が武甲酒造(柳田総本店)。宝暦3年(1753年)創業という老舗で、今も古い店構えの店舗と昔ながらの酒蔵が並んでいます。秩父往還に東面して建つ店舗部分は文化7年(1810年)頃の築という歴史あるもの

ほっとすぽっと秩父館

ほっとすぽっと秩父館

埼玉県秩父市宮側町、秩父神社(秩父まつり会館)近くにある、明治時代初期に建築された商人宿「秩父館」を、地元・みやのかわ商店街振興組合が観光拠点に再生したのが、ほっとすぽっと秩父館。囲炉裏の切られた1階は休憩コーナー、秩父市民が手作りした手芸

秩父豚肉味噌漬本舗せかい

秩父豚肉味噌漬本舗せかい

埼玉県秩父市、秩父神社(秩父まつり会館)近くにある豚肉味噌漬で知られる店が、秩父豚肉味噌漬本舗せかい。かつて「西の神戸牛、東の秩父豚」と呼ばれたブランド品の秩父豚。現在は素材となるのは国産の豚で、地元の猟師が猪猟の時に使った味噌漬けの方法を

秩父神社

秩父神社は、宝登山神社、三峯神社とならび秩父三社のひとつで、武蔵国(むさしのくに)成立以前より栄えた知知夫国の総鎮守、つまりは秩父地方の総鎮守として信仰を集めてきた古社で、明治以前の神仏習合時代には妙見菩薩も祀られていました。12月2日・3

ちちぶ銘仙館

ちちぶ銘仙館

埼玉県秩父市、羊山公園・見晴らしの丘の麓、秩父市役所近くに建つのが、ちちぶ銘仙館。秩父織物、秩父銘仙など、民俗学上貴重な資料を収集、展示する施設で、体験工房では織機を使っての裂織体験・手織り体験、さらにはほぐし捺染体験も可能です。建物自体も

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

Avatar photo

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ