三溪園『観月会』|横浜市|2019

三溪園『観月会』

2019年9月12日(木)~9月16日(月・祝)日没~21:00(入園は20:30まで)、神奈川県横浜市の三溪園で『観月会』が行なわれます。三重塔などの古建築をライトアップが行なわれる。日替わりで音楽や舞踊も実施。通常の入園料のみで観覧できる。2019年は9月13日(金)が仲秋の名月。

三重塔(国の重要文化財)と名月のコラボ

三溪園『観月会』

仲秋の名月(十五夜/旧暦の8月15日)を中心とした前後に行なわれる三溪園の『観月会』。
安全上、観覧区域は制限されますが、三溪園を象徴する康正3年(1457年)築という旧燈明寺三重塔(国の重要文化財)と名月のコラボを楽しむことができます。
入場は開園時間の9:00から可能。

三溪園『観月会』|横浜市|2019
開催日時 2019年9月12日(木)~9月16日(月・祝)日没~21:00(入園は20:30まで)
所在地 神奈川県横浜市中区本牧三之谷58-1
場所 三溪園
関連HP 三溪園公式ホームページ
電車・バスで JR根岸駅から市営バスで10分、本牧下車、徒歩7分
ドライブで 首都高速本牧埠頭ランプから約2.5km
駐車場 150台/有料
問い合わせ TEL:045-621-0635/FAX:045-621-6343
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
三溪園『観桜の夕べ』

三溪園『観桜の夕べ』|2020

2020年3月27日(金)~4月5日(日)、横浜市の三溪園で『観桜の夕べ』が開催されます。三溪園園内の桜が一斉に咲き誇るこの時期に合わせ、外苑では開園時間を延長(20:30まで入園可能、閉園は21:00)。旧燈明寺三重塔などのライトアップに

三渓園

三溪園の梅が見頃で『観梅会』

明治39年の三溪園の開園時に、梅の木を小向(川崎)・杉田(横浜)・蒲田(東京)といった近隣の名所から集めて築いたのが三溪園の梅林。当時の新聞に「著名の梅園を一邸に集めたるは、門戸を開きて万衆の来たり観るに任せんが為なり」と記されています。例

三溪園・蛍の夕べ

三溪園で『蛍の夕べ』|横浜市|2019

2019年5月17日(金)~5月26日(日)、横浜市の三溪園で『蛍の夕べ』を開催。花菖蒲が咲く正門から眺める丘上にそびえる三重塔は三渓園の初夏を代表する眺め」(三溪園保勝会)とのことですが、そんな横浜の三渓園で、20:30までの夜間開園を実

三溪園

三溪園

神奈川県横浜市中区にある実業家で茶人の原三溪(本名は原富太郎)が明治39年に開園した庭園が三溪園(さんけいえん/三渓園)。本牧海岸に沿う海岸台地や谷などの美しい自然の起伏をいかした、17.5haという広大な敷地に17棟の日本建築が配置されて

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ