比叡山延暦寺・釈迦堂(転法輪堂)

ユネスコ世界文化遺産に登録された比叡山延暦寺の西塔(さいとう)地区にある釈迦堂は、正式には延暦寺転法輪堂といい延暦寺西塔の中心となる本堂で、本尊には釈迦如来を祀っています。

延暦寺西塔の中心となる仏堂

本尊の釈迦如来(重要文化財)にちなんで釈迦堂と通称されていますが、正式名は転法輪堂。
現在の建物は、織田信長による焼き討ちの後、1596(文禄4)年、園城寺(三井寺)の弥勒堂(金堂)を豊臣秀吉が移築したもの。
南北朝時代の1347(正平元・貞和3)年の建立で、延暦寺山内に現存する最古の建物。

滋賀県下最大級の仏堂で、国の重要文化財に指定されています。
内陣はすべて土間とする天台宗本堂の本来の姿で、江戸時代に内外陣境両端間を桟唐戸に改めています。

比叡山延暦寺・釈迦堂(転法輪堂) DATA

名称 比叡山延暦寺・釈迦堂(転法輪堂)/ひえいざんえんりゃくじ・しゃかどう(てんぽうりんどう)
所在地 滋賀県大津市坂本本町4220
関連HP 比叡山延暦寺
電車・バスで JR比叡山坂本駅、または京阪石山坂本線坂本駅から坂本ケーブルで11分、延暦寺駅下車、延暦寺バスセンターからシャトルバスで5分、西塔下車
ドライブで 名神高速道路京都東ICから約18km
駐車場 奥比叡ドライブウェイ西塔駐車場(75台)/無料
問い合わせ TEL:077-578-0001/FAX:077-578-0678
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ