大室山

大室山

静岡県伊東市の伊豆高原にあるミニ富士のような姿が印象的な火山が、大室山(おおむろやま)。伊豆東部火山群の一部で4000年ほど前に噴火した火山。火山活動で噴出した火山砕屑物が火口の周囲に積もり、丘となったスコリア丘です。山麓からは大室山登山リフトで登頂。

伊豆高原や城ヶ崎海岸を生み出した高原のシンボル

大室山は、単成火山の典型例(日本を代表する火砕丘)として国の天然記念物になっているほか、伊豆半島ジオパークの大室山ジオサイトにも。
伊豆高原や城ヶ崎海岸を形成する溶岩流は大室山の噴火時に流出したもの。
伊豆高原を形成した中心的存在が、高原のシンボル、大室山なのです。

小室山は1万5000年前に誕生と、小さいながらも大室山よりはかなり古い火山です。
大室山から眼下にする一碧湖は、10万年前の噴火で誕生した火口湖と、一帯の変化に富んだ風景は、まさに伊豆東部火山群が生み出したもの。

山麓から標高580.0mの山頂(三等三角点はリフト山頂駅の反対側の南峰)までは、ペアリフトで4分ほど(大室山の徒歩での登山は危険のため禁止)で北峰(お鉢の北端)、そこからお鉢を半周して到達。
山頂の売店では、大室山の形を模した菓子パン「伊豆のえくぼ」(抹茶味がベースでえくぼにはうぐいす餡がトッピング)も販売。

頂上にはすり鉢状にくぼんだ火口跡があり、その底はなんとアーチェリー場に。

火口跡の稜線は一周約1kmで、晴れた日には伊豆諸島までも眺望。
リフト山頂駅近くには磐長姫命(いわながひめのみこと)を祀る浅間神社も鎮座。
雲見浅間神社(松崎町)と同様に木花開耶姫命(このはなさくやひめのみこと)が祭神ではない浅間神社という点にも注目を。
海側の頂には、昭和59年に再建の六地蔵が並んでいますが、海上安全、海難防除、大漁析願のため漁師が建立したもの。

2月の第2日曜には『大室山山焼大会』も行なわれ、美しい草原が維持されています(観光客の見学も可能)。
かつては茅葺き(かやぶき)屋根などに使われた茅の育成に、この山焼きは欠かせなかったのです。

また大室山の北西麓に広がる「さくらの里」は、季節ごとの桜が楽しめる庭園。
4万平方メートルの敷地には、35種類3000本の桜が咲き誇るほか、9月にはコスモスも美しく咲きます。

大室山
2月第2日曜に行なわれる『大室山山焼大会』
大室山
名称 大室山/おおむろやま
所在地 静岡県伊東市富戸1317-5
関連HP 伊東観光協会公式ホームページ
電車・バスで 伊豆急行線伊豆高原駅から東海バスシャボテン公園行きで24分、終点下車、すぐ
ドライブで 西湘バイパス石橋ICから約49km
駐車場 300台/無料
問い合わせ 伊東観光協会 TEL:0557-37-6105
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

大室山山焼き|伊東市

毎年2月の第2日曜に、伊東市の大室山では『大室山山焼き』が行なわれています。約700年前から続くの伝統がある野焼きで、池区大室山山焼保存会が実施する山の保全と観光事業の一環。山すそから点火され、標高581m、約100haのカヤの山が30〜4

大室山は伊豆屈指のパワースポット!

伊東、そして伊豆高原のシンボル的な存在である大室山。実は、伊豆屈指のパワースポットなのだとか。どんなパワーが秘められているのでしょうか?山頂火口に鎮座する大室山浅間神社国の天然記念物に指定されている大室山。現在はその環境保全のために、登山道

伊豆東部火山群の主峰! 大室山へ

伊豆高原にミニ富士のような秀麗な姿を見せる大室山。よく見れば、周囲には小室山、高室山、台ノ山、孔ノ山、矢筈山、伊雄山、遠笠山と似たような火山が集結しています。実は、これが、伊豆東部火山群なのです。まずは「伊豆東部火山群」を知ろう![capt

さくらの里

伊豆高原にミニ富士山のようにそびえる大室山の山麓に40種1500本の桜が植栽される花の里。9月中旬、十月桜が咲き始め、冬から春にかけての寒桜、大寒桜、伊東桜、ソメイヨシノ、枝垂桜、八重紅大島桜、大島桜、八重桜の関山・松月・奥都など、5月初旬

大室山登山リフト

大室山登山リフト

静岡県伊東市、伊豆高原のシンボルでもある大室山は、原則として徒歩での登山は禁止。富士山、伊豆大島、伊豆東部火山群の山々など山上からの雄大なパノラマを得るためには、大室山登山リフトの利用を。北麓の伊豆シャボテン動物公園側から山頂へとリフトが通

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ