大石正英の旅を切り撮る NO.1 東京(浅草・銀座・東京駅)

旅を切り撮る・東京

東京に住んでいても、案外、東京を真剣に撮ることは少ないという人は多いかと思います。そんな人にもおすすめなのが台風一過とか、低気圧通過直後の快晴。チリなどの少ない、クリアな青空と東京らしい建築物は、被写体に絶好なのです。台風一過を狙って、雲ひとつない青空のスカイツリーと隅田川の水上バスを撮影に浅草へと出かけました。

台風一過の浅草を撮影後、銀座、東京駅へ!

大前提として順光で撮影したかったので10時半過ぎに浅草に到着。
すぐにロケハンに入りましたが、もう少し光が回ってほしかったので、浅草で2時間ほど待機することにしました。(写真1)

(写真1)もう少し光がほしいので待機することに

撮影場所は金色のオブジェ(アサヒビール本社ビルの隣)などのバランスで駒形橋から。
このオブジェ、「新世紀に向かって飛躍するアサヒビールの燃える心」を表現した「聖火台の炎」で、フランス人のフィリップ・スタルク(PHILIPPE STARCK)のデザイン。(写真2)

(写真2)駒形橋から眺めるスカイツリーとアサヒビールのオブジェ

光を待っている間は、浅草を回ります。
多くの人々が活動する街の写真も好きなので、ここでも何枚か撮影。(写真3)(写真4)

(写真3)浅草、雷門前にて
(写真4)浅草寺界隈

光も良くなり、12時半頃から水上バスの到着を待ちますが、川の中央を通ってくれないと決りません。(写真5)

(写真5)水上バスがもう少し手前を通ってくれるといいんですが・・・

近くに他の撮影の人がいたので、邪魔にならないように最終的には橋の上から撮影することに。
さらに型の違う船を待ちますが、なかなか良い位置にこないのであきらめ、他の撮影地に移動を決定。

歌舞伎座、銀座4丁目などを撮影後、東京駅へ向かいます。(写真6)

(写真6)東京駅。よく見る角度の写真です

この角度からの写真をよくみますが、正面からの物を欲しいと思っていました。
行幸通りヘ入れるようになったので、かなり全景をファインダーに収める事ができました。

天気は最後まで素晴らしかったのですが、体力的にここで終了。
作例を下に紹介しますので、「青空にのびる東京の建物」を楽しんでいただければ幸いです。

今回の作例

作例1 『水上バスとスカイツリー』
作例2 銀座4丁目交差点
作例3 『東京駅丸の内駅舎』

ワンポイントアドバイス

東京など都会を撮影する時は、ビルやタワーなどの建築物が中心となるので、「水平垂直に撮ること」を心がけましょう。
そうすることで、写真に落ち着きが出ます。
もちろん、カメラは、しっかりと両手で持つことをお忘れなく!

大石正英の旅を切り撮る NO.2 箱根・芦ノ湖

2018年10月23日

銀座4丁目交差点

2017年2月5日

東京都観光汽船浅草営業所

2017年1月4日

駒形橋

2017年1月4日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

大石正英

日本大学芸術学部写真学科卒。スタジオ勤務の後、(株)シマウマ-クラブのチーフカメラマンとして、『まっぷるマガジン』の立ち上げに参加。愛知万博公式ガイドのメインカメラマン。旅行雑誌などの撮影を30年以上経験するプロ中のプロ。自称、「早くて、うまい」カメラマン。さらに、印刷、ウエブ掲載などを前提とした撮影後のデジタル処理も超一流と評判です。

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ