高田富士

高田富士

安永9年(1780年)、富士講先達(ふじこうせんだつ)の日行青山(高田藤四郎)の築いた塚で、江戸最古の富士塚が高田富士。もともとは、現在の早稲田大学構内にありましたが、昭和38年、早稲田大学の拡張に伴って水稲荷神社とともに甘泉園公園横に移っています。

富士講をつくった高田藤四郎が築いた江戸の富士山

『江戸名所図会』に描かれた高田富士

江戸時代までは、高田富士のある水稲荷神社は現在の早稲田大学の構内に位置し、宝泉寺が別当寺となっていました。
現在の早稲田大学キャンパスの大部分は、明治初年の廃仏毀釈まで実は宝泉寺の寺領だったのです。

高田藤四郎は、江戸に「身禄同行」という講を組織していますが、これが後に大ブームとなる富士講のルーツです。
「富士塚(高田富士)に登拝すれば、富士山の登ったのと同じ御利益がある」と喧伝(けんでん)され、江戸時代には6月15日〜18日の間に参詣が許されていました。

現在も高田富士は伝統を受け継ぎ、毎年、海の日(7月第3月曜)とその前日の日曜の2日間だけ登拝が許されています。

江戸時代には、品川富士、千駄ヶ谷富士、下谷坂本富士、江古田富士、十条富士、音羽富士、高松富士の7ヶ所の富士塚をめぐる「江戸七富士参り」も人気でしたが今もこの江戸七富士は現存しています。

文化・文政の頃には江戸八百八町に「江戸八百八講」があったといいますから各町にすべて富士講が組織され、江戸ばかりでなく、関東一円はもとより、遠く尾張国(愛知県)あたりまで、富士講が生まれ、富士塚が築造されました。

高田藤四郎は、当時、高田富士を見守る位置にあった宝泉寺に葬られています。

江戸切絵図に見る 高田富士

高田富士 DATA

名称 高田富士/たかだふじ
所在地 東京都新宿区西早稲田3-5-43
関連HP 水稲荷神社公式ホームページ
電車・バスで 東京メトロ東西線早稲田駅から徒歩10分。または、都電荒川線面影橋から徒歩3分
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 水稲荷神社TEL:03-3200-4621/FAX:03-6690-2723
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

水稲荷神社

2018.02.04
 

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ