新島・流人墓地

新島・流人墓地

東京都新島村、日蓮宗の寺、長栄寺の北、新島共同墓地の一角、共同墓地よりも一段低くなった場所にあるのが流人墓地。寛文8年(1668年)〜明治4年の間、新島には1333名の流刑囚が流され、新島で655名が病没しています(赦免されたのは489名)。死刑、獄死以外の流人がこの流人墓地に埋葬されています。

本村の共同墓地の一角に流人墓地が!

地元で流人墓(るにんばか)と呼ばれる共同墓地に埋葬された流人のうち、現在確認できるのは118基。
流人墓地の墓石で、出自が判明しているのは、飛騨・宮村(現・岐阜県高山市一之宮町)の大工・治八(じはち)の墓です。

酒樽型、茶碗とサイコロ型の墓石があるのは赦免されずに新島で命を終えた流人が、生前好んだものを仲間が墓石として刻んだもの。
白砂が美しいのは、今も新島の島民が島の東岸、羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)から砂を運んで敷き詰め、そして花を手向けているから。

新島に流刑後に殺人・放火などの重罪を犯した者に関しては流人墓地の南にある向畑刑場(むかいはたけいじょう)で処刑され、向畑刑場に埋葬されています(11人)。

ちなみに、新島に送られた流人は、自給自足の必要はありましたが、とくに行動の制限はなく、大工は家を建てて日銭を稼ぎ、 絵師は絵を描いて売る、手に職のない人は畑仕事を手伝うなどして生計を立てていました。
武士など経済的に余裕がある流人は民家の離れを借りて生活しましたが、一般の流人は、島の生活に慣れるまでは五人組(住民組織)に預けられ、流人小屋で共同生活をして暮らしました。
『新島流人帳』に記載される病死者655人のうちのほとんどが11月〜3月に没しているので、冬場に農漁業の手伝いがなく、飢えてしまうことが推測できます。
なかには、海岸に流れ着くものを拾っているうちに波に拐われてしまった流人(神田無宿金蔵)も記録されています。
人口比では、天明2年(1782年)の新島の人口は1990名(男性848名、女性1061名)で、在島流人は123人で、1割にも満たない数。

流人は、島人にとって貴重な情報源であり、流人経由で導入された文化も数多くあったと推測されています。

流人墓地の近くには原町の井戸の井戸もあるのであわせて見学を。

新島・流人墓地
名称 新島・流人墓地/にいじま・るにんぼち
所在地 東京都新島村本村3-1-4
関連HP 新島観光協会公式ホームページ
電車・バスで 新島港から徒歩25分
ドライブで 新島港から約2km
問い合わせ 新島観光協会 TEL:04992-5-0001/FAX:04992-5-0946
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
羽伏浦海岸

羽伏浦海岸

東京都新島村、南北に細長い新島の東海岸の大部分を占めるのが羽伏浦海岸(はぶしうらかいがん)。伊豆七島屈指の美しい海岸で、真っ白な砂浜が南北に6.5kmにもわたって続いています。この白砂は、火山島・新島特産のコーガ石(抗火石)が粉になったもの

原町の井戸

原町の井戸

東京都新島村、本村の前浜近くにある井戸が原町の井戸。正徳5年(1715年)に掘られたという歴史ある井戸で東京都の史跡。式根島や武蔵野にある「まいまいず井戸」(まいまいず=かたつむり)と同様に、地面をすり鉢状に深さ3.3m掘り下げ、地下水を汲

新島村博物館

新島村博物館

東京都新島村、新島の本村にある村営のミュージアムが新島村博物館。新島村と式根島の自然、歴史、文化を解説しています。常設展示は、新島・式根島の自然、新島・式根島の歴史、島の文化、島民の暮らしの4コーナーです。茅葺き古民家、コーガ石造りの石倉の

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ