小河内ダム

小河内ダム

東京都西多摩郡奥多摩町にある「東京の水がめ」と呼ばれるダムが小河内ダム(おごうちだむ)。ダム湖の小河内貯水池は奥多摩湖と呼ばれています。昭和32年11月26日に竣工した堤高148.0m、堤頂長353.0mという巨大なコンクリートダムで、水道専用ダムでは日本一を誇っています。

水道専用ダムでは日本一を誇る

小河内ダム

昭和13年11月12日に着工したダム工事ですが、戦時下で中断し、ようやく昭和32年に完成。
ダム湖に沈んだ旧小河内村と山梨県丹波山村、小菅村の945世帯6000人が移転するという大事業でした。
東京都水道局管理するダムで、竣工当時は、水道専用貯水池としては世界最大規模の貯水池でした。
小河内ダムの完成当時(昭和30年代)、東京の水源は、おもに多摩川水系に依存していたのです。

現在、東京都の水源は、ほとんどが河川水で、80パーセントが利根川・荒川水系、17​パーセントが多摩川水系で取水しています(多摩川水系は小河内ダム・奥多摩湖、山口貯水池ダム・狭山湖、村山貯水池ダム・多摩湖の3ヶ所)。

小河内ダムの総貯水容量は国内のダムでは21位(1位は徳山ダム)ですが、水道専用ダムでは日本一を誇っています(発電された電気は東京電力へ売却されています)。

ダム堰堤にダム直下を見下ろす小河内ダム展望塔、近くにビジターセンター的な機能を有した「奥多摩水と緑のふれあい館」(売店、レストランもあります)が建っています。

ダム湖に浮かぶ「ドラム缶橋」は、奥多摩湖(小河内貯水池)の誕生で分断された両岸を結ぶためのもので、麦山の浮橋(ドラム缶橋)、留浦の浮橋の2ヶ所が設置されています。

小河内ダム堤頂の道路部で標高は、530m。
奥多摩湖(小河内貯水池)周辺の山々は水道水源林で、林野庁の水源の森百選にも選定されています。

小河内ダムの横、「奥多摩水と緑のふれあい館」とJR青梅線奥多摩駅を結び、旧青梅街道を歩く「奥多摩むかし道」は、人気のハイキングコースになっています(8割は車道歩きですが、交通量は少なく、歩きやすい道です/全長9km、所要3時間〜4時間)。

ちなみにダム堰堤上(天端は自動車通行止)の道は、小河内ダム横の国道411号と檜原村本宿を結ぶ都道205号(水根本宿線)で、奥多摩町と檜原村の境界の小河内峠周辺は、登山道。
つまりは歩いて4時間ほどの部分が点線都道となっています。

小河内ダム
小河内ダム
名称 小河内ダム/おごうちだむ
所在地 東京都西多摩郡奥多摩町原
関連HP 東京都水道局公式ホームページ
電車・バスで JR奥多摩駅から西東京バス奥多摩湖方面行きで18分、奥多摩湖下車、徒歩5分
ドライブで 圏央道青梅ICから約33km
駐車場 奥多摩水と緑のふれあい館駐車場(65台/無料)
問い合わせ 東京都水道局 小河内貯水池管理事務所 TEL:0428-86-2211
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
麦山の浮橋(ドラム缶橋)

奥多摩湖・麦山の浮橋(ドラム缶橋)

東京都西多摩郡奥多摩町、奥多摩湖の湖上にあるのが麦山の浮橋(ドラム缶橋)。昭和32年に完成した小河内ダムによって出現した人造湖が奥多摩湖。奥多摩湖にはダム建設時に水没した道の代替として設置された2ヶ所の浮橋があり、そのうちのひとつ麦山の浮橋

奥多摩湖・留浦の浮橋

奥多摩湖・留浦の浮橋

東京都西多摩郡奥多摩町、東京都水道局が管理する小河内ダムのダム湖が奥多摩湖(正式名称:小河内貯水池)。そのダム湖の誕生で生活道路の代替手段として築かれたのが湖上2ヶ所の浮橋。ダム湖の奥、山梨県との県境近くにあるのが留浦の浮橋(とずらのうきは

小河内ダム展望塔

小河内ダム展望塔

東京都西多摩郡奥多摩町、多摩川の上流を堰き止めた「東京の水がめ」小河内ダム(おごうちだむ)。その天端(堤頂)部分に建てられた塔が小河内ダム展望塔。展望塔は無料で見学することができ、3階の展望室から眼下に放水口、多摩川第一発電所を眺めることが

奥多摩水と緑のふれあい館

奥多摩水と緑のふれあい館

東京都西多摩郡奥多摩町、多摩川上流部を堰き止めた小河内ダム(おごうちだむ/ダム湖が奥多摩湖)のダムサイトにある奥多摩湖(小河内貯水池)のビジターセンター的な施設が奥多摩水と緑のふれあい館。奥多摩の水と緑に関する展示のほか、レストラン、売店な

奥多摩湖

奥多摩湖

東京都西多摩郡奥多摩町、昭和32年に完成した小河内ダムによって出現した人造湖が奥多摩湖。東京都水道局が「東京の水がめ」とするために築いたダムで、ダム湖(奥多摩湖)の正式名は小河内貯水池。東京都下では、村山貯水池(多摩湖)とともにダム湖百選に

『湖底の故郷』歌碑

『湖底の故郷』歌碑

東京都西多摩郡奥多摩町、小河内ダム(ダム湖が奥多摩湖)のダムサイト、奥多摩湖のビジターセンター的な役割を担う「奥多摩水と緑のふれあい館」横に配されているのが『湖底の故郷』歌碑(こていのふるさとかひ)。『湖底の故郷』は、昭和12年、東海林太郎

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ