国営昭和記念公園

国営昭和記念公園

東京都立川市、昭島市にまたがる165.3haという広大な公園が国営昭和記念公園。大正11年に帝都防衛のために築かれた立川陸軍飛行場が前身で、戦後、アメリカ空軍立川基地だった場所。昭和天皇在位50年を記念して昭和58年10月26日、国営昭和記念公園として開園したもの。昭和天皇記念館も建っています。

季折々の花が咲く広大な公園

広大な園内は、出入り口も立川口、西立川口(西立川駅前)など8ヶ所に用意。
みどりの文化ゾーン、展示施設ゾーン、水のゾーン、広場ゾーン、森のゾーンに分かれています。
広場ゾーンには園内最大の11haという広さを誇る「みんなの原っぱ」が設けられ、東京随一の広大なh芝生が広がっています。

春の桜、菜の花、チューリップ、ネモフィラ、ツツジ、ポピー、夏のスイレン、花菖蒲、ヒマワリ、秋のコスモス、イチョウやモミジの紅葉、冬のサザンカ、福寿草と四季の移ろいを感じながら花を楽しむことも可能。

入園したら、まずは案内図を入手し、目的を決めてから行動するのがおすすめです。
レンタサイクルは、立川口、西立川口、砂川口で貸し出し。
総延長14kmのサイクリングコースがあり、園内を移動するのにとても便利です。
広い園内を周回するために、パークトレインも運転。

こどもの森には虹のハンモック、雲の海、霧の森などが用意されています。
幼児用には「わんぱくゆうぐ」もあり、ユニバーサルデザインの遊具を設置。

レストランも要所に配されていますが、ふれあい広場のレストランはプリンスホテルの直営。

ペット同伴の場合には、各ゲートで「同伴誓約書」に記入し、ルールを遵守すれば入園もOK(事前に HPからダウンロード、プリントアウトし持参すればスムーズに入園できます)。
園内には「ドッグラン」も用意されています。

関東周辺にある国営公園は、国営昭和記念公園のほか、国営ひたち海浜公園(茨城県ひたちなか市)、国営武蔵丘陵森林公園(埼玉県比企郡滑川町)、国営東京臨海広域防災公園(東京都江東区有明3丁目)の合計4ヶ所です。

ちなみに、立川陸軍飛行場、アメリカ空軍立川基地の滑走路は、陸上自衛隊立川駐屯地の滑走路に転用されています(現在の立川飛行場滑走路は旧米軍立川基地滑走路の西約200mに新設)。
昭和記念公園のある場所は、戦前は、陸軍航空技術研究所、陸軍工廠立川支廠、戦後はアメリカ空軍立川基地「キャンプ・フィンカム」だった場所です(基地拡張に反対する砂川闘争などを契機に日本に返還)。

国営昭和記念公園
名称 国営昭和記念公園/こくえいしょうわきねんこうえん
所在地 東京都立川市緑町3173
関連HP 国営昭和記念公園公式ホームページ
電車・バスで JR西立川駅から徒歩2分で西立川口。JR立川駅から徒歩10分であけぼの口、JR東中神駅から徒歩10分で昭島口
ドライブで 中央自動車道国立府中ICから約8km
駐車場 立川口駐車場(1755台/有料)、西立川口駐車場(345台/有料)、砂川口駐車場(431台/有料)
問い合わせ 国営昭和記念公園管理センター TEL:042-528-1751
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
東京でダイヤモンド富士

11月〜2月は、東京でダイヤモンド富士 眺望23スポット紹介

富士山頂に太陽が沈むダイヤモンド富士。東京は11月〜2月にチャンスがやってきます。高尾山山頂などは冬至前後の年1回ですが、それ以外のエリアは太陽の動きに伴って、冬至前、冬至後の2回チャンスが訪れます。うるう年など、年によって多少のズレがある

国営武蔵丘陵森林公園

国営武蔵丘陵森林公園

埼玉県滑川町と熊谷市にまたがり、東西に1km、南北に4km、総面積304ha(東京ドームの65倍の広さ)という国営の自然公園。明治百年記念事業の一環で、全国初の国営公園として誕生した公園です。入口も北口、西口、中央口、南口の4ヶ所。豊かな自

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園

茨城県ひたちなか市、茨城港(常陸那珂港区)、ひたち海浜公園ICに隣接する国営公園が国営ひたち海浜公園。総面積350haにおよぶ広大な公園で、大観覧車や林間ジェットコースターなどのアトラクション施設も設置されていますが、自然の地形を利用して整

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ