善福寺川緑地

善福寺川緑地

東京都杉並区を流れる善福寺川(善福寺公園が水源)の中流部の河川沿いを都立公園として整備したのが、善福寺川緑地。都立善福寺川緑地として和田掘公園と合わせ、全長4.2kmを整備し、武蔵野の面影を残す木立と子供の広場が交互に配され、遊歩道で連続しています。

善福寺川緑地の上流部は、桜の名所

善福寺川緑地

昭和39年8月1日に開園した都立公園で総面積は18haと、なかなか広大。
野球場、小野球場、テニスコート(人工芝3面)なども整備されています。

善福寺川緑地を流れる善福寺川ではセグロセキレイ、ハクセキレイ、コサギなどが観察できます。
川の水が澄んでいるのは、川底に繁茂するオオカナダモ(外来植物)が水を浄化するからなのだとか。

善福寺川に沿って700本ほどのソメイヨシノが植栽され、開花期は見事(善福寺川緑地400本、和田堀公園280本)。
とくに善福寺川緑地の最上流部に位置する神通橋から、下流の尾崎橋(五日市街道)の間は、都内屈指の桜の名所になっています。
五日市街道の尾崎橋から上流部は、大きく川が蛇行し、鼻の部分に架る相生橋は鎌倉街道の橋。
上流に向って左側の台地が尾崎で、突き出した台地の先端(小崎)を指す古い地名・小崎(おさき)に由来しています。
享和3年(1803年)、五日市街道を通って小金井の桜見物に出かけた辻知篤の紀行文に、「つづらおりめいたる坂をくだりて田面の畦をゆく。田の中に小河ありて橋をわたる。これを尾崎橋という」と記されています。

飛行機型ジャングルジムが配されたヒコーキ広場、なかよし広場、緑陰広場、ケヤキに囲まれたセンター広場など、遊具なども配された子供の広場もあってファミリーの散策にも絶好です。

善福寺川緑地
善福寺川緑地
名称 善福寺川緑地/ぜんぷくじがわりょくち
所在地 東京都杉並区成田東2・3・4丁目、成田西1・3・4丁目、荻窪1丁目
関連HP 東京都公園協会公式ホームページ
電車・バスで 京王井の頭線西永福駅、浜田山駅から徒歩15分
駐車場 なし
問い合わせ 善福寺川緑地サービスセンター TEL:03-3313-4247
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

善福寺公園

東京都杉並区にある善福寺川の水源となる善福寺池を中心とした8haに及ぶ都市公園が、善福寺公園。都立公園で、善福寺池の湧水(2本の井戸で汲み上げ)は、善福寺公園の南西にある東京都水道局杉並浄水所の水源としても活用されています。周囲は武蔵野の森

和田堀公園

和田堀公園

東京都杉並区を流れる善福寺川(善福寺公園が水源)の中流部の河川沿いの和田堀池を中心に公園にしたのが、和田堀公園。上流側の都立善福寺川緑地と、下流側の和田掘公園と合わせ、全長4.2kmを整備したもの。白山前橋から下流、武蔵野橋までの12の橋の

善福寺池

善福寺池

東京都杉並区にある都立公園が、善福寺公園。武蔵野三大湧水池に数えられる善福寺池を中心とした公園ですが、善福寺池は善福寺川の源流となる上の池、下流側の下の池に分かれており、武蔵野三大湧水池に数えられるのは、ボート遊びができる上の池で、下の池は

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ