雄山神社・峰本社

雄山神社・峰本社(雄山山頂)

富山県中新川郡立山町、日本三霊山・立山(たてやま)の主峰、雄山(3003m)の山頂に鎮座するのが雄山神社・峰本社。大宝元年(701年)、佐伯有頼(さえきのありより)が立山・室堂平の玉殿岩窟で立山権現の霊示を受け、文武天皇の勅命で開山したと伝えられる霊地で、立山信仰の中心がこの雄山山頂。立山とはまさに神の立つ山なのです。

立山信仰の中心は登拝の対象、雄山山頂

雄山山頂にある峰本社は、立山の開山期間である7月~9月のみ登拝可能で、雄山神社・峰本社の授与所ではお守り、札などを授与してくれます。
江戸時代には加賀藩主・前田家が社殿の造営を担っていました。

かつては越中の若者(男子)は元服前に必ず立山を登拝することが大人になる通過儀礼でした。
瓢箪に米や水をいれて携え、山麓から弘法平、弥陀ヶ原、天狗平、室堂、祓堂、一ノ越を経て雄山山頂に立ったのです。
立山信仰の地、室堂では地獄巡りもあり、全体がそれを絵解きした『立山曼荼羅』を反映した世界だったのです。

今も旧道が残され、立山登拝道として歩くことができます。
室堂ターミナルから祓堂、一ノ越、そして雄山山頂への登山道は、かつての立山登拝道です。

雄山神社は、山麓の芦峅寺(あしくらじ)に中宮祈願殿、岩峅寺(いわくらじ)に前立社壇(まえだてしゃだん)があるので、時間が許せばそちらにも参拝を。
芦峅寺は立山登拝の登山口的な存在で、立山信仰全盛期には『立山曼荼羅』を手に、芦峅信徒が全国の檀那国を回ったのです。

ちなみに立山の最高点は大汝山の3015m、深田久弥の『日本百名山』には立山として登録されています。
雄山山頂は最高点は3003mで(一等三角点は2991.8m)、雄山の山頂一帯は雄山神社・峰本社の境内です。
室堂ターミナル〜雄山山頂は、片道2時間は必要。
一の越〜雄山山頂は落石にも注意しながら、のんびりと登山を。

雄山神社・峰本社(雄山山頂)
名称 雄山神社・峰本社/おやまじんじ・みねほんしゃ
所在地 富山県中新川郡立山町立山頂上
関連HP 雄山神社公式ホームページ
電車・バスで 富山地方鉄道立山駅から立山開発鉄道立山ケーブルカーで7分、美女平駅下車。立山高原バスに乗り換え50分、室堂ターミナル下車、室堂ターミナル下車、徒歩2時間(登山装備が必要)
ドライブで 北陸自動車道立山ICから県道6号を25kmで立山駅駐車場 長野自動車道安曇野ICから約40kmで扇沢駐車場
駐車場 立山駅駐車場(900台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台/無料を開設) 扇沢駐車場(350台/有料、230台/無料、混雑時は臨時駐車場を600台〜800台/有料を開設)
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

立山(雄山)

「神の立つ山」立山は白山、富士山と並ぶ日本三大霊山に数えられ、立山修験(たてやましゅげん)と呼ばれる山岳信仰の場。立山信仰では浄土山は「過去」、雄山(立山)は「現在」、別山は「未来」でこの3つが立山三山。立山連峰で最高峰は、雄山の北にそびえ

日本三霊山とは!?

山そのものが神という信仰は古代から日本にありましたが、日本古来の古神道が修験道や仏教と融合し、中世には山岳信仰として隆盛します。雪を被った高嶺は霊山として崇められましたが、日本を代表する3つの霊山が、「日本三霊山」。富士山、白山、立山の三山

芦峅雄山神社(芦峅中宮祈願殿)

芦峅雄山神社(芦峅中宮祈願殿)

越中国一之宮で、平安時代編纂の『延喜式神名帳』にも記載の古社(式内社)、雄山神社(おやまじんじゃ)。霊峰立山を神体とする立山信仰の拠点で、峰本社(みねほんしゃ)、中宮祈願殿、前立社壇(まえだてしゃだん)の3社の総称が雄山神社で、登山口の芦峅

雄山神社前立社壇

雄山神社前立社壇

富山県立山町、越中国一之宮で、延喜式神名帳にも記載の古社が雄山神社。岩峅寺(いわくらじ)に建つ前立社壇なら通年参拝が可能。平安初期に建てられた立山寺(岩峅寺)を前身とする神仏習合の社で、神仏分離の明治維新までは、立山権現への寄進奉納はこの場

雄山登山・立山登拝道コース

雄山登山・立山登拝道コース

富山県立山町、日本三霊山に数えられる立山の主峰・雄山(おやま標高3003m)へは、立山黒部アルペンルートの最高地点・室堂ターミナル(標高2450m)から一ノ越を経て山頂に立つ登り2時間30分、下り1時間30分の登山コースあり、人気のルート。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ