菅原神社『牛越祭り』|えびの市

牛越祭り

毎年7月28日10:00~12:00、宮崎県えびの市の菅原神社で『牛越祭り』が開催されます。直径25cm、長さ4m、地面からの高さ50cmの丸太を設置し、牛にその上を跳び越えさせ、牛の疫病除けや繁栄を祈念する行事。まさに牛の障害物競走で、家畜の無病息災を願って始められたユーモラスなイベント。

黒毛和牛など、今でも毎年約20頭の牛が参加

飾りをつけた黒牛が飼主に手綱を引かれ10mほど助走して丸太を飛び越えます。
黒毛和牛のほか、500kgを超えるホルスタインなど、毎年20頭ほどが参加しています。

牛越祭りは、農家と牛が神前で元気な姿を見せようと始めたのが起源といわれ、400年以上の歴史があり、宮崎県の無形民俗文化財に指定。
牛が農耕に使われていた頃は、田植え作業で疲れた牛の肥育(牛肥え)の意味をも有していました。
最盛期の江戸時代末期には近隣をはじめ、人吉や姶良・伊佐といった遠方からも飾り付けを施した牛600頭が参加していたのだとか。
廃仏毀釈、神仏分離で一時、神社は整理されていたが、牛馬の伝染病が流行ったため、明治7年に再興されています。

菅原神社『牛越祭り』|えびの市
開催日時 毎年7月28日10:00~12:00
所在地 宮崎県えびの市西川北
場所 菅原神社
電車・バスで JR京町温泉駅・えびの駅からタクシーで15分
駐車場 なし
問い合わせ えびの市観光協会 TEL:0984-35-3838
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ