八食センター

八食センター

青森県八戸市、八戸港にも近い河原木地区の八戸市中央卸売市場前にある食品市場が八食センター。「なんでも揃うでっかい市場!」がキャッチフレーズで、ここを目的にわざわざ訪れる人も多く、『B-1グランプリ®』発祥の地としても有名です。メインは全長170mの屋内ストリートに約60店舗が並ぶ市場です。

八戸市中央卸売市場前にある巨大な食品市場

八戸だけに新鮮な魚介を扱う店も多く、ここを目的に旅をしても十分楽しむことができます。
「厨スタジアム」と「味横丁」という2つの飲食街もあり、地元の魚介などを使った寿司店などが人気を集めています。

市場内で購入した食材を使って炭火焼を楽しめる「七厘村」もあり、鮮魚店、青果・精肉店などで購入したものを八食センター内で味わうことができます。
近隣には青森県最大級のホームセンター「DCMサンワ八食店」、「DCMホーマック 長苗代店」、青森県最大級の本屋「伊吉書院八戸西店」もあります。

八戸港からは苫小牧港、室蘭港を結ぶシルバーフェリーも出港し、北海道の物産が流入するため、八食センターでも北海道の魚介も味わったり、手に入るほか、フェリーの上下船前後に立ち寄ることも可能です。

『B-1グランプリ®』発祥の地、八戸

『B-1グランプリ®』(地元の人に愛されている安くておいしいご当地グルメのブランドを世に広めていくための「まちおこしイベント」)は、まちおこしに取り組む「八戸せんべい汁研究所®」(通称「汁゛研」じるけん)が、全国に先駆けてB-1グランプリを発案・企画・主催し、 平成182月に八戸市内の八食センターで開催したのが始まりです。
「B」は地域BRAND(ブランド)の「B」。

この食を通じて、まちおこしに取り組む団体のネットワーク「愛B(アイビー)リーグ」が結成され、全国各地で自立的でユニークな地域活性化の取り組みが行なわれています。

八食センター
名称 八食センター/はっしょくせんたー
所在地 青森県八戸市河原木神才22-2
関連HP 八食センター公式ホームページ
電車・バスで JR八戸駅東口から八食ワンコインバスで9分
ドライブで 八戸自動車道八戸西スマートICから約4.5km、八戸北ICから約5km、八戸ICから約6km
駐車場 1500台/無料
問い合わせ 八食センター TEL:0178-28-9311/FAX:0178-28-9312
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
勢登鮨 八食センター支店

勢登鮨 八食センター支店

青森県八戸市、八戸市中央卸売市場前にある食品市場「八食センター」の「厨スタジアム」にある人気の寿司店が勢登鮨八食センター支店。寿司はもちろん、海鮮丼などの丼物や、ラーメンなどの麺類も揃っていてファミリーレストランのように活用できます。「八食

八食市場寿司

八食市場寿司

青森県八戸市、八戸市中央卸売市場前にある食品市場「八食センター」の「厨スタジアム」にあるウニ、サンマ、イワシ、イカ、八戸前沖サバ、大間のマグロなど地元産にこだわる回転寿司店が八食市場寿司。夏場なら地場の生うにがおすすめです。八食市場で大人気

八戸港フェリーターミナル

八戸港フェリーターミナル

青森県八戸市の八戸港と、北海道の玄関口、苫小牧港(苫小牧市)を結ぶ川崎近海汽船のシルバーフェリーの発着する八戸港フェリーターミナル。県営ターミナル(青森県フェリー埠頭公社運営)となるターミナルビル内ではフェリー乗船者のための無線インターネッ

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ