渚の駅たてやま

渚の駅たてやま

千葉県館山市、館山港の多目的観光桟橋(館山夕日桟橋=桟橋形式の桟橋としては日本最長)を眼前にする交流拠点で、渚の博物館(館山市立博物館分館)、海辺の広場、展望デッキで構成されるのが渚の駅たてやま。館山夕日桟橋には「にっぽん丸」(商船三井客船)などの豪華クルーズ船も寄港します。

土産購入、ランチも可能

東京湾の入口にある館山湾は、北・東・南を陸で囲まれ、別名「鏡ヶ浦」と呼ばれるほど波静かな湾。
大型船舶の停泊にも絶好で、東海汽船の高速ジェット船「セブンアイランド」(季節運航)のほかクルーズ船「にっぽん丸」、東京湾フェリーなどがイベントなどで寄港することも。

「海のマルシェたてやま」は、地元の特産品を販売、「館山なぎさ食堂」では、海を眺めながらランチや喫茶が可能。

「渚の博物館」では、国の重要有形民俗文化財の「房総半島の漁撈用具」や千葉県有形民俗文化財の「房総半島の万祝及び製作関連資料」(万祝=まいわい/漁師の晴れ着)を中心に、房総の漁業に関わる文化や漁民の生活を紹介。
「タッチプール」のある海辺の広場は、館山湾に生息する生物を展示し、ファミリーにも人気。

館山湾を一望する展望デッキは夕陽観賞の穴場で、晴れた日には富士山まで眺望。
5月15日頃、7月28日頃には富士山頂に日が沈むダイヤモンド富士も期待できます。

なぎちゃり(レンタサイクル)も用意され、赤山地下壕、沖ノ島、館山市立博物館などへの観光拠点にもなっています。

渚の駅たてやま
名称 渚の駅たてやま/なぎさのえきたてやま
所在地 千葉県館山市館山1564-1
関連HP 館山市公式ホームページ
電車・バスで JR館山駅から徒歩15分
ドライブで 富津館山道路富浦ICから約6km
駐車場 75台/無料
問い合わせ 館山市商工観光課 0470-22-3606
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
沖ノ島・ダイヤモンド富士

5月と7月なら、館山でダイヤモンド富士を!

「5月と7月に館山ではダイヤモンド富士を見ることができます。これをもっと観光の目玉にしたい」というのが金丸謙一館山市長以下、観光行政の考え。「実はパール富士も素晴らしいんだけど、これは撮影が難しいので」(金丸謙一市長)とのこと。とくに7月2

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ