三嶋和ろうそく店

三嶋和ろうそく店

岐阜県飛騨市古川町にある和ろうそくの店が、三嶋和ろうそく店(三嶋和蝋燭店)。明和年間(1764年~1772年)創業の「生掛(きがけ)和ろうそく」の老舗。当主の三嶋順二さんは7代目で、作業場では、主人の説明を聞きながら和ろうそく作りの実演を見学することができます。

飛騨の仏教文化が育んだ和ろうそくに注目!

三嶋和ろうそく店

原料の櫨(はぜ=ウルシの仲間)の実から採取した木蝋(もくろう=生蝋・Japan wax)を使い、すべて手作業でろうそくを制作しています。
早朝4:00頃から始まり、夕方の18:00頃まで根気のいる仕事が続けられ、1日150本の和ろうそくが誕生。
全国に10軒ほどの和ろうそく店の中でも、すべて手作りなのは三嶋和ろうそく店だけともわれています。

飛騨古川の冬の風物詩『三寺まいり』(円光寺・本光寺・真宗寺の3つのお寺を巡拝し、かつてはこれが男女の出会いの場ともなっていました)に欠かせないのが、この和ろうそく。
各寺に灯されるのが三嶋和ろうそく店の和ろうそくですが、和ろうそくは西洋ろうそくに比べ油煙が非常に少なく、煤(すす)がほとんど出ない、しかも風にも強いというスグレモノなのです。
そのため、金箔仏壇を使用する地域では古くから和ろうそくを使う文化が育まれてきました。

NHK連続テレビ小説『さくら』(平成14年4月1日~平成14年9月28日放送)のロケ地となった飛騨古川。
高野志穂演じるさくらの下宿先という設定だったのがこの三嶋和ろうそく店です。
店頭の制作実演を見学してその伝統を感じ取ることができます。

画像協力/飛騨市観光協会

三嶋和ろうそく店
三嶋和ろうそく店
名称 三嶋和ろうそく店/みしまわろうそくてん
所在地 岐阜県飛騨市古川町壱之町3-12
関連HP 飛騨市公式ホームページ
電車・バスで JR飛騨古川駅から徒歩5分
ドライブで 東海北陸自動車道飛騨清見ICから約19.5kmで飛騨市役所駐車場
駐車場 飛騨市役所前駐車場(100台/30分まで無料、以降有料)
問い合わせ 三嶋和ろうそく店 TEL:0577-73-4109
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
飛騨古川駅

飛騨古川駅

岐阜県飛驒市古川町にあるJR東海・高山本線の駅が飛騨古川駅。昭和9年、高山本線の飛驒小坂〜坂上間開通と同時に開業した歴史ある駅です。世界的な大ヒットとなったアニメ映画『君の名は。』(平成28年公開、新海誠監督)に登場する駅として、「聖地巡礼

飛騨古川まつり会館

飛騨古川まつり会館

岐阜県飛騨市市古川町、毎年4月19日・20日に気多若宮神社(けたわかみやじんじゃ)の例大祭として行なわれる『古川祭』(別名けんか祭り)。日本三大裸祭にも数えられる『古川祭』に使われる屋台を展示し、人気のからくり人形を実際に動かす実演で『古川

飛騨の匠文化館

飛騨の匠文化館

岐阜県飛騨市古川町、飛騨古川まつり会館近くにあるミュージアムが飛騨の匠文化館(ひだのたくみぶんかかん)。奈良時代、平城京の仏教寺院の造営や仏像彫刻に使役され、その名を全国に知られた飛騨の匠。その飛騨の匠の業績と足跡、匠の道具、匠の技と術を紹

安峰山展望台

安峰山展望台

岐阜県飛騨市古川町にある、秋の雲海(朝霧)の絶景で知られる山が安峰山(あんぼうさん/1058m)。登山口駐車場から徒歩1時間30分ほどで山頂ですが、古川町の太絵地区(林道を20分)、神原峠(林道を15分)で安峰山展望台に到達できるので、朝霧

飛騨古川の町並み

飛騨古川の町並み

岐阜県飛騨市古川町、NHK連続テレビ小説『さくら』(平成14年4月1日~平成14年9月28日放送)のロケ地となった飛騨古川は、白壁と鯉が泳ぐ町。さくらの下宿先という設定の「三嶋和ろうそく店」や通勤路となった1000匹の鯉が泳ぐ瀬戸川沿いの白

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ