旧今井家住宅・美濃史料館

旧今井家住宅・美濃史料館

岐阜県美濃市の美濃市美濃町伝統的建造物群保存地区にある古い商家を再生した史料館が、旧今井家住宅・美濃史料館。「うだつの上がる町並み」として有名な美濃町を代表する商家(美濃和紙の和紙問屋)が今井家で、代々兵四郎を襲名し、江戸時代末期〜昭和初期には庄屋を務めていた名家です(美濃市の文化財に指定)。

「うだつの上がる町並み」のシンボル的な商家

現存する建物は江戸時代中期に建てられ、明治時代初期に増築されたと推測され、間口12間(22m)、奥行8間(14.5m)、建坪96坪(316.8平米)の中2階で、外壁は真壁造り、漆喰仕上げ、屋根の両端には防火を兼ねた卯建(うだつ)を上げています。
延面積145坪(478.5平米)と市内最大規模の商家で、通りに面した主屋の背後には中庭と土蔵が並んでいます。

内部は8間取りで、帳場、奥座敷などがあり、奥の6室は床が高く格式の高い造りに。

庭には日本庭園最高技術といわれる水琴窟もあって、「うだつの町の水琴窟」として環境省の日本の音風景100選にも選定されています。

美濃市本住町の「松久永助紙店」は、幕末に今井家で丁稚奉公した2代目・松久永助が明治9年、障子紙の卸問屋・原料問屋として独立したもの。
4代目が紙店を続けています。

美濃和紙あかりアート館、旧今井家住宅・美濃史料館の2館共通券、美濃和紙あかりアート館、旧今井家住宅・美濃史料館、美濃和紙の里会館の3館共通券も発売。

旧今井家住宅・美濃史料館
名称 旧今井家住宅・美濃史料館/きゅういまいけじゅうたく・みのしりょうかん
所在地 岐阜県美濃市泉町
関連HP 美濃市公式ホームページ
電車・バスで 長良川鉄道美濃市駅から徒歩10分
ドライブで 東海北陸自動車道美濃ICから約3km
駐車場 20台/無料
問い合わせ 美濃市教育委員会人づくり文化課 TEL:0575-35-2711
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
美濃市美濃町伝統的建造物群保存地区

美濃市美濃町伝統的建造物群保存地区

岐阜県美濃市、町家の屋根の両端に設けられた防火壁が「うだつ」(卯建)。その「うだつ」が日本一の規模で現存する「うだつの上がる町並み」が美濃市美濃町で、美しい家並み9.3haは美濃市美濃町伝統的建造物群保存地区(国の重伝建)に選定されています

旧名鉄美濃駅

旧名鉄美濃駅

岐阜県美濃市広岡町にある往時の名鉄美濃町線の駅舎と車両が旧名鉄美濃駅。平成11年3月に廃止となった名鉄美濃町線美濃〜新関間ですが、明治44年2月11日の美濃電気軌道開業時に上有知駅(4月1日に美濃町駅に改称)として建てられたという歴史ある駅

小倉山城

小倉山城

岐阜県美濃市泉町、長良川に臨む小倉山の山上に建つ平山城が、小倉山城。慶長10年(1605年)、飛騨高山藩主・金森長近(かなもりながちか)が、養子の金森可重(かなもりありしげ)に高山城を譲って、隠居の城として築いた城。現在は小倉公園として整備

上有知湊(川湊灯台)

上有知湊(川湊灯台)

岐阜県美濃市にある長良川の川湊(かわみなと)の遺構が、上有知湊(こうずちみなと)。船着場跡の石畳、住吉高燈籠(常夜灯)型の川湊灯台が残され、往時を偲ぶことができます。もともとは、小倉山城を築城した金森長近(かなもりながちか)が城下町の整備と

美濃和紙あかりアート館

美濃和紙あかりアート館

長良川の畔に位置する岐阜県美濃市は、水の恵みを生かした和紙づくりが盛んな地。「うだつの上がる町並み」(美濃市美濃町伝統的建造物群保存地区)の一角に建つのが、美濃和紙あかりアート館。1階が無料休憩所と美濃和紙製品の販売を行なうショップ、2階が

小坂酒造場

小坂酒造場

岐阜県美濃市、「うだつの上がる町並み」(美濃市美濃町伝統的建造物群保存地区)の一角にある安永元年(1772年)創業の造り酒屋が、小坂酒造場。安永年間(1772年~1781年)頃の築造と推測される「小坂家住宅」は、江戸時代の卯建(うだつ)が残

美濃和紙の里会館

美濃和紙の里会館

岐阜県美濃市、1300年の伝統を誇る伝統的工芸品、美濃和紙の産地にある紙のテーマパークが、美濃和紙の里会館。美濃和紙の歴史、製造工程、暮らしの中に息づく和紙を紹介し、あわせて販売、紙漉き体験が可能という、美濃和紙に特化した施設で、売店、レス

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

アバター画像

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

おすすめ

よく読まれている記事

こちらもどうぞ