前橋公園

前橋公園

群馬県前橋市、前橋城の三ノ丸外郭・北曲輪(きたくるわ)を利用して明治38年に開園した都市公園が、前橋公園。鶴舞う形の群馬県をかたどった「さちの池」、利根川河川敷を生かした親水・水上ステージゾーン、日本庭園、臨江閣、グリーンドーム前橋、遊園地の「るなぱあく」などがあります。

前橋城の三ノ丸外郭を利用した都市公園

みどりの散策エリアは、かつての競輪場の跡、親水・水上ステージゾーンは、利根川の河川敷を平成20年の都市緑化フェアの会場として整備した後に公開されたもの。
臨江閣横にある池泉回遊式の日本庭園も平成20年に新たに整備した庭園です。

前橋公園に咲く桜は、生糸貿易商から明治25年の市制施行で、初代前橋市長となった下村善太郎(しもむらぜんたろう)が私費を投じて吉野山から取り寄せ植樹したのが始まりとか。
日本鉄道の前橋延長運動、県庁の誘致などにも尽力した前橋発展の立役者で、明治43年には、前橋公園に銅像も建立されていますが、その銅像は戦時供出され、今はありません。

「さちの池」・前橋公園ビジターセンターの南側には前橋城時代の土塁、本丸北砲台の跡も残されています。
立派な土塁、砲台は前橋城が幕末の文久3年(1863年)に復興した際(河川氾濫で廃城となり武州川越に移転していました)、江戸湾に黒船が来襲したときに備えて、幕府移転を想定しての防備でもあったのだとか。

ちなみに前橋城の本丸は、現在の群馬県庁の建つ場所です。

画像協力/前橋観光コンベンション協会

前橋公園
前橋公園
名称 前橋公園/まえばしこうえん
所在地 群馬県前橋市大手町3-14-1
関連HP 前橋市公式ホームページ
電車・バスで JR前橋駅から群馬中央バス新前橋駅西口行きで10分、遊園地坂下下車、徒歩5分
ドライブで 関越自動車道前橋ICから約4km
駐車場 225台/無料、群馬県庁県民駐車場(778台/2時間まで無料、以降有料)も利用可能
問い合わせ 前橋市公園管理事務所 TEL:027-225-2116
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
群馬県庁32階展望ホール

群馬県庁32階展望ホール

群馬県前橋市、前橋城跡に建つ群馬県庁は、33階建て。高さ153mは、県庁舎としては日本一の高層ビル(都道府県庁舎としては東京都庁舎に次ぐ)です。33階は機械室で、実質的な最上階は32階の展望ホール。1階から展望用エレベーターで一気に上がるこ

るなぱあく

るなぱあく

「日本一懐かしい遊園地」がキャッチフレーズの群馬県前橋市にある遊園地が、るなぱあく。昭和29年に前橋市が周辺町村と合併した記念に開設された前橋市中央児童遊園。平成16年に公募で「るなぱあく」の愛称が決定。利根川沿いの前橋公園に隣接しているの

臨江閣

臨江閣

群馬県前橋市にある明治17年築の迎賓館で、本館、別館、茶室が国の重要文化財。本館は明治17年に初代群馬県令・揖取素彦(かとりもとひこ=元・長州藩士で吉田松陰の妹の夫、薩長同盟に尽力)が迎賓館として建てた近代和風の木造建築。別館は明治43年、

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ