うろこの家・展望ギャラリー

うろこの家・展望ギャラリー

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街・山の手にある洋館のひとつで、神戸で最初に公開された異人館がうろこの家・展望ギャラリー。明治38年に外国人の高級賃貸住宅として居留地に建てられ、大正時代に現在地に移築されたもの。建物の外壁に使用されている天然石のスレートが、魚のうろこに似ていることがその名の由来です。

旧居留地に建てられた高級賃貸住宅がルーツ

うろこの家・展望ギャラリー

もともとは明治38年(阪神電鉄三宮駅の開業の年)、旧居留地に外国人向けの高級賃貸住宅として建設されたもの。
神戸外国人居留地に住む外国人は居留地の廃止される明治32年頃から、急速に増加し、住宅用地・住居不足を招いていたのです

そのため、職場に近い旧居留地に駐在員向けの高級賃貸住宅が建設されたと推測できます。
居留地制度が廃止された後、住居不足から眺めのいい北野に外国人が移るようになったため(山手雑居地は、欧米人の住宅が在来の住宅地に侵入するかたちで形成)、現在うろこの家といわれる高級賃貸住宅も大正時代に北野に移築されています。

外国人設計者による木造2階建て切妻屋根、黒桟瓦葺きの洋館は、3000枚の天然石スレートで覆われています。
中央の円筒形の塔部があり、その塔から神戸港に入港する貿易船を視認できたのです。

客室、使用人部屋など異人館ならではの様式と意匠がほぼ完全な状態で現存。
館内のインテリアも昔のままで、アンティークな家具や置物、ロイヤル・ウースター(イギリス)、マイセン(ドイツ)、ロイヤル・コペンハーゲン(デンマーク)、ロバート・アヴィランド(フランス)など欧州の王室が愛用していた豪華な陶磁器、エミール・ガレのガラス工芸品などを公開しています。

旧ハリヤー邸と呼ばれるのは、最後の持ち主から。
明治33年に来日したドイツ人教師E・ハリヤー氏の子息、R・ハリヤー氏が記録に残る最後の持ち主です。
国の登録有形文化財。

併設の展望ギャラリーでは、トロワイヨン(バルビゾン派)の風景画の大作、マチス、ユトリロやビュッフェの作品などが展示されています。

異人館うろこグループの運営のため、うろこの家 & 展望ギャラリーのほか、 山手八番館、北野外国人倶楽部、 坂の上の異人館、英国館、洋館長屋、 ベンの家に入館可能な、「異人館巡りプレミアムパス」(異人館7館+展望ギャラリー)、うろこの家 & 展望ギャラリー、 山手八番館、北野外国人倶楽部、 坂の上の異人館の山の手4館パス(異人館4館+展望ギャラリー)が利用できます。

うろこの家・展望ギャラリー
名称 うろこの家・展望ギャラリー/うろこのいえ・てんぼうぎゃらりー
所在地 兵庫県神戸市中央区北野町2-20-4
関連HP 異人館うろこグループ公式ホームページ
電車・バスで JR三ノ宮駅・阪神三宮駅・阪急三宮駅から徒歩15分
ドライブで 阪神高速道路神戸線京橋ランプから約2km
駐車場 周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ TEL:078-242-6530/FAX:078-242-6640
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
英国館

英国館(旧フデセック邸)

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街にある洋館のひとつが英国館。明治42年にイギリスの建築家により建てられたコロニアル様式の異人館(旧フデセック邸)。当時の姿のままに残された館内には、英国ビクトリア王朝のアンティーク家具や調度品が置かれてい

神戸トリックアート・不思議な領事館(旧ヒルトン邸)

神戸トリックアート・不思議な領事館(旧ヒルトン邸)

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街にある洋館のひとつが神戸トリックアート・不思議な領事館。明治43年頃に北野山本地区にヒルトン邸として建てられたもので、戦後はパナマ領事館として使われていました。元パナマのカルロス領事の執務室や食堂、寝室、

洋館長屋

洋館長屋

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街にある洋館のひとつが洋館長屋。2軒が左右対称に建つユニークな家(アパルトマン)で、外国人向けアパートとして旧居留地に明治41年に建てられたもの。建物が日本の長屋風であることから洋館長屋と呼ばれています。ボ

ベンの家

ベンの家

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街にある洋館のひとつがベンの家。イギリス貴族で狩猟家、ベン・アリソン(Ben Allison)の旧邸で、明治35年に旧居留地に建てられたもの。堀や壁、窓枠などが当時のまま残され、異人館のなかでも古さは屈指。

北野外国人倶楽部(旧フリューガ邸)

北野外国人倶楽部(旧フリューガ邸)

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街にある洋館のひとつで、明治後期に建てられた旧フリューガ邸が北野外国人倶楽部。入口にライオンの石像があることから「ライオンハウス3号館」と呼ばれていました。コロニアルスタイルの建物の館内に、王朝時代の食卓や

山手八番館

山手八番館

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街・山の手にある洋館のひとつが山手八番館(旧サンセン邸)。異人館うろこグループの運営する公開施設のひとつで、明治後期にサンセン氏が自邸として建築したもの。三連式の塔屋があるチューダー様式で、海に向かって台形

坂の上の異人館

坂の上の異人館

兵庫県神戸市中央区、神戸北野異人館街・山の手にある洋館のひとつが坂の上の異人館(中国領事館)。中国の政治家、王兆銘(1883~1944年/孫文の側近)が昭和15年、南京に新国民政府(親日政権)を樹立したとき、その領事館として神戸に建築したも

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ