長蔵小屋無料休憩所

長蔵小屋無料休憩所

福島県南会津郡檜枝岐村、尾瀬沼の畔、長蔵小屋裏手にある無料の休憩施設が長蔵小屋無料休憩所。売店では飲み物やスナックのほか、オリジナルTシャツ、バンダナ、写真集、画集、絵葉書、ジャムなどを販売。軽食も可能で片品村特産の花豆を使った花豆ジェラート、コーヒーなどがあります。トイレはチップ制。

花豆ジェラートでひと休み

長蔵小屋は群馬・福島県境の福島県側に建つ山小屋ですが、群馬・福島両県の県境は地続きでありながら自動車で通行可能な道路が存在しない日本で唯一の県境。
沼山峠~長蔵小屋~三平峠を結ぶ尾瀬のメインルートは、かつての沼山街道で、江戸時代には会津の米や酒が上州へと運ばれた道です。
全国の主要な旧街道は、国道へと昇格しているが、国道401号は、今でもこの区間は登山道で「点線国道」と呼ばれています(沼山峠休憩所から沼田市までの間は群馬県道・福島県道1号沼田桧枝岐線と重複)。
つまり、長蔵小屋前の登山道も、実は国道401号ということに!

宿泊は、昭和9年築という長蔵小屋、1階が喫茶室になった長蔵小屋別館があります。
第二長蔵小屋は、尾瀬沼ではなく、尾瀬のほぼ中央部、尾瀬ヶ原下田代十字路に建つので、離れています。

長蔵小屋無料休憩所
名称 長蔵小屋無料休憩所/ちょうぞうごやむりょうきゅうけいじょ
所在地 福島県南会津郡檜枝岐村燧ケ岳
関連HP 長蔵小屋公式ホームページ
電車・バスで 野岩鉄道会津高原駅から会津乗合自動車バス尾瀬沼山峠行きで1時間55分、終点下車、徒歩15分
ドライブで 磐越自動車道会津若松ICから約114kmで御池駐車場
駐車場 御池駐車場(450台/有料)
問い合わせ 長蔵小屋 TEL:0278-58-7100
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。

尾瀬沼

日光国立公園尾瀬地域の東側、標高1660mにある周囲約7kmの沼が尾瀬沼。燧ヶ岳(ひうちがたけ、標高2356m)など2000m級の山々に囲まれ、沼越しに山々を望む絶景の地。今でこそ静寂な沼ですが、実は8000年ほど前に燧ヶ岳山頂部で生じた沼

尾瀬沼・水芭蕉群落

尾瀬沼・水芭蕉群落

群馬県(利根郡片品村)と福島県(南会津郡檜枝岐村)の県境、尾瀬国立公園の特別保護地区に指定される尾瀬沼。尾瀬にはミズバショウの群生地が点在しますが、長蔵小屋のある尾瀬沼東岸(檜枝岐村)の水芭蕉群落は、見事なまでに一面に咲き誇るミズバショウを

尾瀬沼ビジターセンター

尾瀬沼ビジターセンター

尾瀬にある2ヶ所のビジターセンターのひとつで尾瀬沼東畔(福島県檜枝岐村)に建つのが尾瀬沼ビジターセンター。環境省が建設し、尾瀬保護財団が管理運営する施設で、尾瀬の自然に関する展示のほか、自然保護活動も行なわれ、最新の情報も提供されているので

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ