田子倉ダム(田子倉湖)

田子倉ダム(田子倉湖)

福島県南会津郡只見町を流れる只見川(阿賀野川水系)を堰き止めた重力式コンクリートダムが田子倉ダム(昭和35年10月完成)。堤高145.0m、堤頂長462.0m、上流にある奥只見ダム(ともに只見川の電源開発で建設)とともに日本有数のダムで、ダム湖の田子倉湖はダム湖百選にも選定されています。

ダムサイトに展望施設「田子倉レイクビュー」が

建設にあたり、只見線会津川口駅からダム建設地点まで35.0 kmの専用鉄道を建設するなど、国土総合開発法による国策で工事が進められ(総理大臣・吉田茂が工事現場を訪問)、43名の殉職者を出す難工事の末、昭和35年10月に完成
堤体積195万立法メートルは、宮ヶ瀬ダム(愛甲郡愛川町、相模原市、愛甲郡清川村)に次いで日本第2の規模。

ダム湖の田子倉湖の総貯水量は、徳山ダム(岐阜県揖斐郡揖斐川町)、奥只見ダムに次ぎ日本第3位。

奥只見ダム(新潟県魚沼市・福島県南会津郡檜枝岐村=O)、田子倉ダム(T)、御母衣ダム(岐阜県大野郡白川村=M)と並ぶ電源開発の三大ダムとして、「OTM三大ダム」と呼ばれています。

マタギの里として豊かな村だった田子倉集落が水没。
その補償問題など、ダム建設に伴う人間ドラマは、曽野綾子『無名碑』、城山三郎『黄金峡』に描かれています。

北岸を国道252号が走り、ダムサイトには田子倉ダム展望施設「田子倉レイクビュー」(軽食、ランチ、土産販売、遊覧船乗り場)が整備され、「遊覧船ブルーレイク」も出航(6月初旬~11月初旬運航)。

名称 田子倉ダム(田子倉湖)/たごくらだむ(たごくらこ)
所在地 福島県南会津郡只見町田子倉
関連HP 只見町観光まちづくり協会公式ホームページ
電車・バスで JR只見駅からタクシーで10分
ドライブで 磐越自動車道会津坂下ICから約65km
問い合わせ 只見町観光まちづくり協会 TEL:0241−82-5250
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
奥只見ダム

奥只見ダム

新潟県魚沼市と県南会津郡檜枝岐村にまたがり、只見川(阿賀野川水系)最上流部に、只見川電源開発計画で昭和35年に完成した重力式コンクリートダムが奥只見ダム。完成から時を経ていますが、堤高157.0mは、重力式コンクリートダムでは日本一の高さを

宮ヶ瀬ダム

宮ヶ瀬ダム

相模川水系中津川に建設された堤高156.0mの重力式コンクリートダムが宮ヶ瀬ダムで、平成12年に完成した東京近郊では最大のダム。関東地方では奈良俣ダム(楢俣川/堤高158.0m)に次ぐ高さで浦山ダム(浦山川・堤高156.0m)と並びナンバー

日本の巨大ダム(総貯水容量)

日本の巨大ダム(総貯水容量) ベスト10

ダムの大きさは堤高でも表現しますが、その機能を考えると総貯水容量も大切。水がめの役割は、発電だけでなく、上水道、工業用水、農業用水、さらには洪水防止と多目的に活用されているのです。さらに加えて、湖上遊覧など観光スポットになっている場合も。そ

日本の巨大ダム(湛水面積)

日本の巨大ダム(湛水面積) ベスト10

ダムの規模を測る物差しは、堤高(ていこう)、総貯水容量、湛水面積の3つがメインですが、目で見てはっきりとわかるダムの雄大さは、やはり湛水面積です。湖の広がりなどから大きなダム湖は自然湖のようです。中禅寺湖も自然湖に中禅寺ダムで補強したもので

重力式コンクリートダム ベスト3

重力式コンクリートダム ベスト3

ダムの中でももっとのポピュラーな形式が重力式コンクリートダム(concrete gravity dam) 。重力式ダムと略されるように、ダム堤体の自重でダム湖の水圧に耐えるスタイルのダムです。そのためには花崗岩や安山岩などの固い岩盤が必要。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ