池田さんのルーツを探せ!

池田さん、あなたの家の家紋は「揚羽蝶」ではあるまいか。池田さんは桓武平氏のシンボルマークだった「蝶」が代表紋なのである。この紋は織田家から貰ったもので、備前岡山藩の池田信輝が織田信長の遊び相手として出入りしているうちに、信長の父である織田信秀に気に入られて蝶紋の麻裃を貰ったことに由来するのだ。
もし、あなたの家紋が揚羽蝶なら、先祖は大名かもしれないのだ。

有名人の池田さんの出身地は?

「所得倍増」をスローガンに掲げて経済重視の内政主義を打ち出した政治家・池田勇人は広島県豊田郡吉名村(現・竹原市)の生まれ。『ベルサイユのばら』で知られる漫画家の池田理代子は大阪府大阪市阿倍野区出身。創価学会の名誉会長、SGI(創価学会インタナショナル)会長の池田大作は東京府荏原郡入新井町(現在の東京都大田区大森北)に生まれている。ラッキィ池田(本名は池田新一)は東京都墨田区出身。グラビアアイドルの池田夏希は千葉県出身と有名人の出身地はバラバラで傾向はない。

実は、池田姓は諸国の池田荘や池田郷といった地名から生まれている。
古代の池田氏は、和泉国和泉郡池田郷に景光天皇の後裔池田首(おびと)が起こり、各地に広がったという。
一方、上野国那波(なわ)郡池田を発祥とする池田氏は池田君(きみ)から起こり、美濃国土岐郡池田(岐阜県多治見市池田町)を発祥とする池田氏は清和源氏頼光流土岐氏族、摂津国豊島(てしま)郡池田(大阪府池田市)を発祥とする池田氏は紀氏流橘氏族で、安芸国の池田氏は摂津国池田氏の一族という。
そして、楠木正成に繋がる備前岡山・伯耆鳥取両藩主の池田氏は「菊水」を家紋とし、さらに、近江国佐々木氏の一族や尾張国尾藤氏の一族にも池田氏がいる。出羽国庄内の池田氏としては朝日山城主・池田盛周が戦国時代の代表的な人物か。朝日山城は、現在の山形県酒田市に源平合戦以後、庄内地方に土着した池田秀盛の後裔によって建武年間に築城。

池田さんのルーツの一番手は大阪府池田市

池田氏の中でもっとも著名なのが前出の摂津国と美濃国の池田氏であろう。摂津国の池田氏は室町時代に摂津池田城を本拠として活躍する。永禄11年(1568)織田信長が上洛すると、他の国人や大名が次々と降伏する中で、摂津池田城主の池田勝正だけは敢然と抵抗するが、ついに城下は焼失。これが信長上洛時の畿内最後の抵抗であったという。摂津池田城は、大阪府池田市城山町にあり、主郭部分は池田城跡公園として整備され、天守(模擬櫓台)や門(模擬大手門)などが建造されている。そのルーツは鎌倉時代の築城だ。城跡の北方にある池田氏の菩提寺大広寺には、最後の池田城主池田知正の墓碑がある。

池田城跡公園

続いて大名池田氏の出身地、多治見市池田町

また、奇しくも同じく織田家に縁がある池田恒興(いけだつねおき=尾張犬山城主、摂津兵庫城主、美濃大垣城主。母の養徳院は織田信長の乳母)や、その次男で姫路城を現在残る姿へ大規模に修築した池田輝政などが美濃池田氏から出ている。池田輝政自身は尾張国・清洲城下に生まれているが、そのルーツは美濃国なのだ。輝政の孫の池田光政は藩政改革を進めた名君として知られている。美濃国土岐郡池田は、現在の岐阜県多治見市池田町。池田不動・池田稲荷神社あたりが池田恒興の美濃池田城跡と推測され、池田勝入斎恒興(信輝)・元助(之助)の墓が残されている。
天下の名城姫路城(姫路市本町)にはぜひ出掛けてほしい。姫路城の瓦紋はもちろん池田氏の家紋である揚羽蝶だ。

神社としては、静岡県静岡市駿河区池田の日本平へ向う道の南側に池田神社がある。池田神社は延喜式神名帳に駿河国有度郡池田神社と記される古社だ。ここも池田さんのパワースポットのひとつ。

さらに、秋田県大仙市の横手盆地の田園地帯にある池田氏庭園は、大地主・池田氏の国指定の庭園で、大規模な敷地全休に大型灯籠や池、洋館等を配した景観が素晴らしい。春のツツジが美しく、また紅葉の名所としても知られている。

池田姓はそれほど偏りもなく全国に広く分布しているが、九州にやや多いようだ。佐賀(大姓6位)と鹿児島(8位)がベストテンに入っている。
家紋は代表紋が蝶。大名へと上り詰めた土岐氏族は揚羽蝶、橘氏族は横木瓜、佐々木氏流は目結、紀氏流は輪蝶、三つ笹竜胆、菊水、祇園守、竜胆など。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

関連記事

よく読まれている記事

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

こちらもどうぞ