W坂

W坂

石川県金沢市清川町・寺町にある坂道がW坂。犀川に架かる桜橋付近(清川町)から高台の寺町に上る急坂で、何度も鋭角に折れ曲がりその名のとおりまさしくWに見えるもの。藩政時代には、坂の上に石工の職人町があり、石伐坂(いしきりざか)と呼ばれていました。

金沢の文学散歩には欠かせない坂道

W坂

旧制四高(現在の金沢大学)の学生たちが、「W坂」と呼んだのが定着、観光名所とひとつとなっています。
旧制四高の学生は、Vがふたつの「つぶい坂」(twoV坂)とも洒落て呼びましたが、室生犀星が歩く頃にはすでにW坂と呼ばれるように。

作家・井上靖も四高時代に通学路として通い、自らをモデルにした小説『北の海』にもW坂が登場しています。
「なんで四高にはいって、こんなに辛い目にあわねばならぬかと、自然に涙が出てくる」というハードな道で、河岸段丘を一気に上っています。

犀川に架かる大橋と桜橋の間の川岸は、「犀星のみち」として整備されており、W坂と結んだ散策(文学散歩)もおすすめです。

W坂
W坂
名称 W坂/だぶるざか
所在地 石川県金沢市寺町、清川町
電車・バスで JR金沢駅から北陸鉄道バス平和町方面行きで17分、寺町3丁目下車、徒歩3分
ドライブで 北陸自動車道金沢西ICから約5km
駐車場 なし/周辺の有料駐車場を利用
問い合わせ 金沢市観光協会 TEL:076-232-5555
掲載の内容は取材時のものです。最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
犀星のみち

犀星のみち

明治32年に金沢市裏千日町に生まれ、大正から昭和にわたり活躍した文豪・室生犀星(むろおさいせい)。犀川に架かる大橋と桜橋の間の川岸は、室生犀星が好み、散策を楽しんだ道といわれ、現在は、「犀星のみち」として、親しまれています。犀川の畔(中川除

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ