中尊寺

嘉祥3年(850年)、慈覚大師(円仁)が開山した平泉の名刹が中尊寺。天台宗東北大本山で、山号は関山(かんざん)、本尊は阿弥陀如来。長治2年(1105年)、奥州藤原氏初代・藤原清衡(ふじわらのきよひら)が21年の歳月を費やし堂塔40、僧坊300など建立し、大寺院として栄華を極めました。世界遺産の構成資産にもなっています。

奥州藤原文化を今に伝える金色堂

中尊寺
杉並木が美しい表参道の月見坂
中尊寺
本尊の釈迦如来を安置する本堂は明治42年の再建

永保3年(1083年)に勃発した後三年の役で、藤原清衡は妻子を殺害され、その後奥州・平泉へと移ります。
長治2年(1105年)に、中尊寺の造営に着手し、天治元年(1124年)8月20日、金色堂上棟。
さらに大治元年(1126)3月24日に大伽藍が落慶しています。

その後、藤原基衡、藤原秀衡、藤原泰衡の奥州藤原4代の栄華とともに繁栄した寺院となったのです。
文治3年(1187)2月に、源義経が平泉に潜伏していることが源頼朝の知るところとなり、泰衡に義経追討の宣旨下ります。
文治5年(1189)閏4月30日、義経は泰衡に攻められ、衣河館にて自害しますが、その後泰衡も頼朝の奥州征伐を受け、頼朝は平泉へと入り、泰衡は出羽国比内郡で家臣に討たれて奥州藤原家は滅亡します。

奥州藤原氏の滅亡後の建武4年(1337年)、堂宇の多くを焼失していますが、宝形造りの阿弥陀堂・金色堂は往時のままに残されました。

江戸時代になって幕府は天海大僧正の天台宗と密となり、寛文5年(1665年)には東叡山寛永寺の直末寺となり、現在に至っています。

境内の讃衡堂(宝物収蔵庫)には国宝や重要文化財300点余りの貴重な寺宝が収蔵されています。

境内全体が国の特別史跡で、世界遺産「平泉‐仏国土を表す建築・庭園及び考古学的遺跡群-」の構成資産にもなっています。

中尊寺
国宝の金色堂は覆堂に覆われています
中尊寺
金色堂の背後にある経蔵は国の重要文化財
松尾芭蕉『奥の細道』と中尊寺
元禄2年(1689年)には、『奥の細道』途中の芭蕉も立ち寄り「五月雨の 降りのこしてや 光堂」の句を詠んでいます。
江戸・深川を出発してから44日目、5月13日(新暦6月29日)に奥州平泉を訪れ詠んだのがこの句。
500年経っても光堂は色あせずに美しいと詠んだ芭蕉ですが、平泉の荒廃ぶりに驚き、「三代の栄耀(えいよう)一睡(いっすい)のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。秀衡が跡は田野に成て、金鶏山のみ形を残す」と記しています。
この「大門の跡」は、鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』に「二階惣門」と記された南大門跡と推測されています。
慈覚大師が開いたという伝承のある奥州4寺(松島・瑞巌寺、山寺・立石寺、平泉・毛越寺、中尊寺)は、すべて松尾芭蕉も奥の細道で訪れており、みちのく古寺巡礼「四寺廻廊」としてPRしています。

中尊寺 DATA

名称 中尊寺/ちゅうそんじ
Chusonji Temple
所在地 岩手県西磐井郡平泉町衣関202
関連HP 中尊寺公式ホームページ
電車・バスで JR平泉駅から岩手県交通バス中尊寺・水沢行きで4分、中尊寺下車、徒歩15分。またはJR一ノ関駅から岩手県交通バス中尊寺・水沢行きで22分、終点「中尊寺」下車
ドライブで 東北自動車道平泉前沢ICから約4km
駐車場 町営中尊寺第1・第2駐車場(350台/有料)
問い合わせ TEL:0191-46-2211/FAX:0191-46-2216
掲載の内容は取材時のものです、最新の情報をご確認の上、おでかけ下さい。
平泉水かけ神輿

平泉水かけ神輿|平泉町|2019

2019年6月28日
達谷窟毘沙門堂

達谷窟毘沙門堂

2019年5月28日
柳之御所遺跡

柳之御所遺跡

2019年5月28日
金鶏山

金鶏山

2019年5月27日
無量光院跡

無量光院跡

2019年5月27日
観自在王院跡

観自在王院跡

2019年5月27日
毛越寺・本堂

毛越寺

2019年5月27日
中尊寺・金色堂

中尊寺・金色堂

2018年3月10日

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でニッポン旅マガジンをフォローしよう!

ABOUTこの記事をかいた人。

プレスマンユニオン編集部

日本全国を駆け巡るプレスマンユニオン編集部。I did it,and you can tooを合い言葉に、皆さんの代表として取材。ユーザー代表の気持ちと、記者目線での取材成果を、記事中にたっぷりと活かしています。取材先でプレスマンユニオン取材班を見かけたら、ぜひ声をかけてください!

関連記事

よく読まれている記事

こちらもどうぞ